普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




2017.09.24 若者をターゲットに貧困を押し付けている

若者をターゲットに貧困を押し付けている、そう思う.
貧困から抜け出そう、それほど、これからを悲観せずに生きていけるようにしたい、そう考えたとき、どういった選択肢があるのか。
記事の若者にとっては、名の通った、賢くないと入れない大学に入学することであり、それは、巨大企業に入社することに繋がるのだろうと思う.

さて、現在、彼は生活のため、学業よりバイトに比重が移っており、それでも、4年でうまく卒業できたとして、千万円以上の借金を背負う.
例えば、借金を充分支払える給料を用意してくれる企業に入れればいいけれど、そうでない場合はどうしたらいいのだろうと思う.
記事では2年のいま、中退する方がいいのかと悩んでいるようだけれど、単純に奨学金半額の五百万円を返すことになったとして、こういう場合の扱いはどうなんだろう。毎月支払って行くことができるのか、それとも、一括で払えとなるのだろうか。
そして、大学を卒業したと仮定しても、彼と一緒に卒業する人たちはたくさんいるわけで、バイトに比重を置いていた彼を企業は受け入れるのだろうか。
少なくとも、今の教育は、明治からの富国強兵を念頭に造られた仕組みが温存されたままなのだと思う。

大学が次のステップであるだろうところの会社へ入るためのふるいになっているわけだ。
多分、もっと早い時代で、「もうむりですわ」とちゃぶ台をひっくり返していなければならなかったのだろうと思ったりする.
つまりは、彼ら若者が、いまの状況に陥った責任は自己責任として、個人に仕向けるのではなく、この仕組みを温存し続けた社会に、一つ、二つ前の大人、つまり私たちに怒りを向けるべきだと思う.
つまり、「反乱」を起こせと思ったりする.
多分、それが生き残る彼らの方法だと思う.

A4判の書類がある。日本学生支援機構による「貸与額通知書」。返還総額予定の欄には、利子が付かない第一種と呼ばれる貸付金が「3,072,000円」、利子が付く第…
 
toyokeizai.net|作成: 東洋経済オンライン
 
 
[/Politics] permanent link e



2017.09.23 人口増加に寄与できなかった私は

人口増加に寄与できなかった私は、自分と血の繋がる人がこれからはいないのだという事実に対して、それは、しょうがないという諦念と、これから、10年、 20年経ったときも、しょうがないなぁと思い続けることができるだろうかという不安を持っている.寂しがりの動物はうさぎでしたか。一匹で飼うと寂しくて 死んでしまうとかは.
嘘か真かは知らないけれど、10年20年後の自分がうさぎになっているかもなぁという不安は持っている.

https://money-campus.net/archives/3118

[/diary] permanent link e



2017.09.23 小池都知事は好かん

どうも、小池都知事が信用ならない、と、思っている.
いつから、そう思い始めたかを考えると、都知事選挙からだなと考える.

鳥越俊太郎氏は「病み上がりの人」 小池百合子氏が発言を謝罪【都知事選】 を素材に政治家の嘘を考えてみる 2016.08.01 http://monobe.info/book/index.cgi/shakai/j20160801.html

迷いなく嘘をつくことができるということと、嘘をつくことをためらわない、決定的証拠が出ても、なかなか非を認めない。
多分、この方がうまく世渡りしていくことができるだろうけれど、それに気づき受け入れた人を政治家にしてしまうのは危険だと思った.
だから、いまも小池都知事を信用ならんと考えている.

第4回:言わねばならないことを言わない、という罪「関東大震災時の朝鮮人虐殺」をめぐって…(鈴木耕
http://maga9.jp/kotobano170920/

元々、彼女は憲法を変えることと、いまの安保法制に賛成の立場ととっている.彼女にとって、朝鮮人虐殺は、あったかもしれないけれど、無かったことにしておこうという事案の一つでしかないと思う.

「九月、東京の路上で」加藤直樹著 ころから刊 を買う.
日本人による、朝鮮人虐殺を扱った本だ.
人の中には、「虐殺をする」という因子が宿っていると私は思っている.だから、教育によってそれを発現させないようにしなければならないと思う.だから、政治家がこんな態度では困るわけだ。

[/Politics] permanent link e



2017.90.20 メディアリテラシーのこと

この記事、そのものが興味深いなと思う.具体的なこととあいまいなことを組み合わせた上で、望月記者にも、困ったもんですよと書いている.望月記者が具体 的にどういった質問をしたのかが書かれていないので、その是非が私には判断できないけれど、その判断できないところへ、この記事がいやはや困ったもんです よと結論づけているので、ぼぉっと読んでいると、あぁ、そうなんだ、なんて、思わされてしまう。
そして、周囲の記者はシラーっとしていた。と結んでいるが、この書き方は、「当然、あなたもシラーっとするわよね」と強要されているようで、なんだか、反感を持つ.
メディア・リテラシーを磨いておかないと、操られてしまうなぁと危惧する.

“痛い”謝罪・撤回の東京新聞・望月記者 自社の了承知らないまま発言…政治部記者「一緒にしないでくれ」
https://news.infoseek.co.jp/article/19fujizak20170919002/
 

[/Politics] permanent link e



2017.09.18 時分の花

録画していたのを見る、私的には、文句なしで楽しんだ.
分野に関わらず、この年代だからこその表現ってあるなぁ、と思う.

栄冠は君に輝く!東播磨が全国初出場で最優秀賞!!

http://gekibu.com/archives/4749

[/diary] permanent link e



2017.09.18 ただめし食堂、これは面白い

http://miraishokudo.hatenablog.com/entry/2016/01/10/210431
ただめし食堂、これは面白い

[/diary] permanent link e



2017.09.17 京都新聞朝刊、「蓮池透 恐怖あおらず対話を」という記事があった

京都新聞朝刊、「蓮池透 恐怖あおらず対話を」という記事があった。
北朝鮮のミサイル発射に伴ってか、新聞やテレビ、北朝鮮の人たちの現地の言葉が紹介されたりすることが増えたような気がする.
言葉の内容は、威勢の良い言葉ばかりで、米国には負けないぞという雰囲気である.
こればかり見ていると、怖い国だなとか、なんだなんだやる気か、なんて、受け取る人たちも増えてくるのではないのかなぁと危惧していたりする.
例えば、テレビ局が、北朝鮮に潜入して、膝を付き合わせて、それで本当のところはどうなの、どう思っているのと信頼関係をしっかり築いた上での彼らの言葉なのか、北朝鮮の報道を勝手に取捨選択して持ってきたものかで、内容はまったく違うものになるかもしれない。
それを考えたとき、あぁ、これは「鬼畜米英」の言葉に踊らされていた、70数年前の私たちの先輩たちと同じなのかも知れないなと思う.
プロパガンダをそのままに受けとるのは恐ろしい.

私自身は生きている以上、死ぬことは免れないし、その気分は、年を重ねるほどにはっきりしたものになっていっている。ただ、戦争で死ぬのは嫌だなと思うの で、それは戦争に加担するのも嫌だし、頭の上にミサイルが落ちてくるのも嫌だという意味で、なんとかならんもんかなと思っている.
北朝鮮とアメリカの、地理的にも、その間にある国の住民としては強く思う.

ただ、この国もだし、あちらこちらの国もどうも威勢が良いというか、右傾化というか、この腕っ節でねじ伏せる的雰囲気になっていると思う.これは自由主義 経済における、競争原理の激化であると私は思うのだけれど、どうも、国は、いや、この場合は国家と表現する方が良いのかもしれないけれど、国家が過激な方 向へと向かって行くならば、どんな力がその国家を逆向きに、まぁまぁ、頭を冷やせよと、向かわせるのかと考えたとき、「個人」の力しか見当たらない.
大正、昭和の初め、平和や反戦の声を発していた人たちの多くは、一番大事な時に、口を噤んでしまった.
平和な時に反戦を叫ぶのは容易だけれど、戦中にそれを叫ぶのは恐ろしい.
とにかくは、私もびびりなので、戦争になったら口を噤んでしまうだろうし、なら、戦争にならぬよう、いまのうちから、出きることをするのが、大人としての役

割かなとか思ったりする.

 
 
[/International] permanent link e



2017.09.13 北朝鮮への圧力って言っても

なぜ、北朝鮮に圧力をかけるか、まずは核開発を凍結せよ、それが一番の理由であることについては、間違いないだろうと思う.
では、圧力をかけることで、核開発を止めさせることができるのか、ということについて、さて、どうなんだろうなと思う.
北朝鮮側としては、上の方の人たちはこの体制を維持したいと考えているだろう、そこに、輸出や輸入を禁止、つまり、兵糧攻めなわけだけれど、そのやり方 で、北朝鮮の指導者達はすんませんでした核止めますって気になるのだろうか。お腹減ったし、灯油もなくて寒いし降参しますって言うのだろうか。

https://www.j-cast.com/2017/09/13308435.html

[/International] permanent link e



2017.09.11 稽古とは

いまだ、アドラー心理学に関心を持っている私としては、体罰は横の関係ではなく、上下関係にて生じるものであるから、体罰は容認できないし、体罰をその関係から見たとき、彼の行為は体罰だなと思う.
ふと、私の太極拳の先生を思い浮かべた.
他人の評価は知らないけれど、私は、少なくとも関西で随一と思っていたりする.ま、思っているだけだから、構わないだろう.
ただ、太極拳は凄くうまいと思うけれど、教えるのはあんまりうまくないかなと思っている.人は自分自身が教わってきたやり方でしか、教えることが出来ないと聞く.
多分、先生は何人かを集めて、教室として教えられたということが少ないのだろう.昔、先生自身もそう言っていた.日野氏も、当人は凄い音楽家であるのだろうけれど、だからと言って、そのまま、教える、指導するということがうまいとは言えないのだろうなと思った.
自分自身が身につける才能と、それを教えるという才能は別なのかもしれない.
どっちも持ってないから知らないけれど.

[/book/shuryu/taijyutu/kihon] permanent link e



2017.09.08 工業用トマト、そういうのがあるのか

http://www.diplo.jp/articles17/1706-3tomate.html

工業用トマト、そういうのがあるのか、だから、缶詰のトマトジュースもまずいのかなと思う.
家庭菜園で作っているトマトのトマトジュースはとても美味しい、砂糖も入っていないのに甘くて、それでいて喉ごしがすっきりする.
なぜ、缶のトマトジュースは変な味がするんだろうと思っていたけれど、あぁ、そういうことかと納得する.

[/diary] permanent link e




統合失調症 メモ

リカバリー

岡本クリニック http://www.eonet.ne.jp/~okamoto-mental/index.html

ACT NEAR

[/Medical] permanent link e




下書き 思いつくままに。なぜ、太極拳は健康法であるとされるのか

太極拳は健康法ですよ、と言われるし、比較的多くの人が、太極拳を武道ではなく、健康体操と捉えている、という認識にそれほど間違いはなかろうと思います。

ただ、なぜ、太極拳は健康法なのか。多分、誤解や認識不足が多いであろうと思いますので、少しばかり書いてみようと思います。

太極拳はゆっくりとした動きで、負担がかかりにくく、また、有酸素運動でもある、だから、太極拳は健康法に適している、そう考える方が多いのではと思いま すが、それは違うと思っています(私は有酸素運動についての知識がありませんので、太極拳が有酸素運動であるかどうかわかりませんが)。
太極拳が健康法でもあるというのは、「すべての動きが体の中心から始まる速い動きである」。だからこそ、健康法であるのだと考えています。
これを展開しながら、ぼちぼちと言葉を綴ってみたいと思います。

生まれると同時に人は体を動かし始めます、そして、不安定ながらも、立ち上がり歩きだす。
ただ、六十代、七十代となっていく中で、例えば七十代でも山登りが出来る人と、歩くことすらままならなくなる人と、どうして違いが生まれるのか。
もちろん、予期せぬ病気もあるでしょうし、事故もあるでしょう。ただ、抜本的なこととしまして、私達は自分の体の動かし方になんの疑問も抱いていないということについて、ちょっと、考えてほしいのです。

身体を動かすということは、自然に、必要に応じて覚えてきました。でも、その身体の動かし方は正解なのでしょうか。本当は良い身体の動かし方あるのに、あまり良くない身体の動かし方をきづくことなく続けて、その身体を痛めつけてはいないでしょうか。

膝や腰が痛い、肩が痛くて腕が上がらない、もちろんそれは運動不足、ストレッチ不足であったのでしょうけれど、同時に、身体の動かし方に間違いがあったのではないでしょうか。

さて、太極拳といいますと、数分の一連の動作を思い浮かべます。
その動作、套路を覚えるわけですが、どんなふうに覚えるのかを少し書いてみます。
先生が前に立ち、一連の動作をこなして行く、私達生徒はそれを見ながら、真似をして動く、基本はこれの繰り返しです。
もちろん、一連の動きを続ける時もあれば、一部分を取り出して、その部分だけを集中的に練習するということもありますが、基本は真似ることで覚えていきます。
さて、真似ると書きましたが、生徒は先生の何処を見て真似ているか。
ほとんどは、先生の手先、足先に注目して真似ています。先生が右手を横に動かしたら、自分も真似て、右手を横に動かす。先生が右足を上げれば自分も右足を上げる。つまり、手や足の動きを習うことで、覚えて行くわけです。
そうやって、一通り手順を覚えていき、やがて、先生が前にいなくても、一人で動けるようになります。
ただし、この時点では、この生徒にとって太極拳は健康法になっていません。
その段階では、先生の動きと似てあらざるものであるからです。
次の段階では学んだものを、もう一度、学び直す必要があります。それが、「中心から動き出す」という、身体の動かし方です。ここで、初めて太極拳は健康法であると言うことができる、その端緒に辿り着くことができます。

ところで、私がここで言いたい「健康」というのは、肩凝り腰痛などの痛みが無く、普通に立ち居振る舞いのできる身体の状態を、「健康」であるとしています。


2016.04.16

歩いていても膝が痛くなったことがない、それは、多分、歩いている間、膝を曲げる動作がかなり少ないからだと思う。感触として、私は脇腹で歩いているので、膝を曲げなくても歩幅がかせげているのだろうと思う。

[/book/shuryu/taijyutu/taikyokuken] permanent link e



珈琲をいただく

加齢とかパソコンだとか、色々と目が悪くなったなぁということで、今までよりも、パソコンを利用する時間が減っている.もちろん、仕事で使わなければどうにもならないこともあり、完全にパソコンから撤退するわけにはいかないのだけれど。
そんな中、いわゆる大学ノートと呼ばれるものの使用頻度がかなり増えた.
さて、丸善 京都本店 台風が近づいているにも関わらずノートを買いに行く.
ふむ。近所で3冊、5冊とまとめて売っているコクヨのノートでいいではないかというところだけれど、どうも、コクヨは避けている.
コクヨの黒表紙の方眼なんか、ちょうどいいなぁと思うのだけれど、避けている.
理由は単純で「コクヨが一番売れている」から、本当にそれだけであったりする。
ホームセンターでも文具店でも、コクヨのノートが置いてある、だから、嫌というひねくれものである.

http://www.asakusa-masuya.co.jp/products/monokaki.html
満寿屋の「MONOKAKI」を買ってきた。金額的にはコクヨより遥に割高である。罫線も、もちっと間隔細めであってもらいたいのだけれど、うん、それを差し引いても、なかなか、いい感じで満足している.
持った感の固さがとても良い.
ノートの本質と違うではないかとお笑いかとは思うのだけれど、この質感、なかなかであったりする。

帰り、元立誠小学校の一階の茶店で珈琲をいただいた.
窓から見える景色が好きであったりする.

 

[/diary] permanent link e




ܐ̕ƕĜ

ܐ̕ƕĜ
ȂɂƂł͂ȂAGɂĂAI⑼̊֐߂łA{AȂƂ̂ƂƁB
𖳎ΓłȂAxȂ肷ƂƂB
ȂiKł̈{ڎ󂯂̓B ߂肪i‚Ă̂AOɈړȂݗB
p@{ځA󂯂̓B
g̏Ԃ獶𔼕OAɈړ킯Aܐ̕ɂ‚āB
ܐEɌAGɂ߂邱Ƃőق̏B Oɓ|悤ɂč𔼕i߂B
Ȃ哱ɋ߂
nĂȂԂɁA̒ܐisɖ߂B
R̂ƂȂAEɂ߁A̍E̍ɂȂ悤߂B
AܐŎ哱œiKB
[/book/shuryu/jyoujyutu/ipponnme] permanent link e



p{ځAw牺

{ڕ߂
i˂̌AEɈړB
̌AɈړ킯łÄړXԁB

ŒnʂRĂ͒xȂB
̗nʂɐɂB
̂̒AEɎړȂAɉEJB
̏ɏ㔼gƂŁAwɈ񂹂悤ɈړB
[/book/shuryu/jyoujyutu/ipponnme] permanent link e



{A@\

ႦΒi̓˂AE̍\ɈڍsƂA
͐ʂ猩āAo邾̉[Ȃ悤ɁB
͈Ȃ悤ɁB̂Ђƍ̎O_ŗȂ悤ɎxĂ邾BƏ̕ωɎw悪‚čsȂB܂A͍̎̐^A̍bɍɐGĂԁB

L̑ǂ

[/book/shuryu/jyoujyutu/kihon] permanent link e



{A@ǂ˂

gǂ˂AE̍\Ɉڂ铮ɂ‚āB
̏͏͂܂ȂƁB
E͉E̍ƘAĂ̒i̓˂B
́AE̍獶ւ̈ړA͓ɍJɂȂB
͂łƌł܂Ă܂B
͉EɓB
ׂĂ͑₩ɓɁB
̂͑OێB
[/book/shuryu/jyoujyutu/kihon] permanent link e



E̓ւ

{A֏Agiǂ˂AEgA񂵑łւ̕ωɂ‚āB

iǂ˂ŁA̘eɈڂB͂̋ԂɂĒʒuɂȂB
̎̈ʒuA̋ԂɂĐΓIɒuŁAê֑Ă悤ɂȂAEgɂȂB
΁Â̕O̎ʂāA悤ɂČւƈړB

ォ猩ƁAڂ̂Ȃ̂悤ɕωĂB
āÁÂ͎̂悤ɔ͂ȂAuvƂȒPɂ͎łȂƂƂB

ɋZpB
̏płƂ̊܂݂ƗA̓˂܂ݍ݂ȂɗAʒu߂ZpłB
̕ω𑊎̓˂ƂA܂ݍނƂŁA[IɁAuvƓ邱ƂłB
[/book/shuryu/jyoujyutu/kihon] permanent link e



̎B

͏_炩܂B
ƂɌw܂ŁAْȂ悤ɋC‚܂B
AԈĂ͂ȂȂ̂́A_炩‚Ƃ̂́AӂƎ‚̂ł͂܂BwŎ‚킯ł܂B
ʂɎ̓Ŏ܂BāA̗͂”čsA񂪗鐡O̗͂Ŏ܂B
̏ŁǍς΁ARA̓ς܂A̕ωՂȂAꂪ_炩łB

𒆒iE\ɗƂA̎wL΂΁A͗܂B
͓_ŏxĂłB
A̐[ɐڂĂ΁A͗܂B

܂A_łA̓肪擱΁A‚܂Â擱΁A͎dɂAwL΂ĂĂ܂B

̂悤ɁA̎͏󋵂ɂA܂܂ɕω܂A̕ω擱悤ɓ̂΁A͑̂̈ꕔƂȂ܂B
[/book/shuryu/jyoujyutu/kihon] permanent link e



{A

{A@̂̓Ŝɓ`B

{A ił낵A̍\ɂȂ邪Â̎זɂȂȂ悤ɁB
‚܂A̒ʂ蓹זȂB
̂ƂAPɑ̂𖳗ɉEɊ񂹂ƁA߂ɌĂ܂B
Ă͂ȂȂB
HvłB
̈ړ͋֎~B
AJAɉ悤ȊGB
̌Ả􂵑łɕω邪A̎́Arőł‚̂ł͂ȂÂ̕ωőł‚ƁB
[/book/shuryu/jyoujyutu/kihon] permanent link e