普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




山本氏は

山本氏は暇だから地方でこうやって演説できる、現職の政治家はお忙しいので行くことができない、それを考慮にいれるべきだ。

そういうことでしょうか。私はどれほど政治家が忙しいか存じません。ただ、政治家が私たちの選挙によって国会の座席に座る以上、国会は今こうなっている、そして自分はこう考え行動した、これを自分の言葉で演説するのを一番にすべきかと思います。

もしも、それを軽く政治家が考えているとするなら、彼は私たちの代表ではなく、少なくとも民主主義下にある政治家としても不適格だと言えるかもしれませんね。

ひょっとしたら、現在の民主主義が崩されようとしているのは、そんな政治家たちの反乱なのかもしれませんね

[/memo] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. しんゆり映画祭
  2. I think Japan is heading for destruction
  3. 「砂族」 白石かずこ
  4. 皆で分けて食べる方が美味しい
  5. 国民は国と戦っている
  6. 広島原爆
  7. あとで
  8. むこうまち富永屋
  9. 山本太郎の出演した番組について
  10. いたちの最後っ屁、ではありませんが、泥憲和の本をご紹介です。