普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




高級ホテル「デュシタニ」誘致 京都市が小学校の跡地に

= [2019-04-21 11:09] 高級ホテル「デュシタニ」誘致 京都市が小学校の跡地に https://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20190220000169 上記記事には載っていないけれど、実際の京都新聞紙面には、ちょっと、違う感じで載っています。 記事では▼元植柳小学校の跡地が高級ホテルになりますよと伝えているだけですが、新聞紙面では、住民の反対、不透明な計画を識者が指摘と、誘致や誘致決定の経過への疑問などが語られています。情報の取捨で随分と印象が変りますね。 一番の問題は、災害時の避難場所であった同校の体育館を解体して、近くの公園の地下10メートルに再整備するとのこと。もちろん、水害の場合は、ホテルを避難場所に提供していただけるということですが。 京都市はここ数年来、観光都市として、京都を随分と売りだしていますけれど、観光都市化を推し進めるということの実体は、「都市のテーマパーク化」であると思うのです。 いろんな地域にいろんなテーマーパークがありますけれど、従業員さんたちは、仕事としてそのテーマパークに務めています。 でも、京都に住む人達は従業員ではありません、生活者です、それを見落してしまうと、大きな負担を無理強いしてしまいます。 そして、今回の体育館を地下へと追いやるということは、観光都市テーマパーク「京都」に元小学校の体育館なんて必要ありませんよという一つのメッセージでもあります。 どうして、京都市はこの方向を選んだのか。 それは税収、お金を得るためでしょうけれど、本来はその方向が適切なのか、他に選択肢はなかったのか、大くの市民が主体者として考えるべきで、上意下達に決めこんでしまおうというのは、どうも気色が悪いです。 私の印象としては、テーマパークどころか、「京都」そのものを売りにだしているという感じです。

[/memo] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 広島原爆
  2. あとで
  3. むこうまち富永屋
  4. 山本太郎の出演した番組について
  5. いたちの最後っ屁、ではありませんが、泥憲和の本をご紹介です。
  6. 東京裁判と
  7. 秋篠宮家を家庭崩壊させた「元凶」は誰だ
  8. イラストでわかる疲れないカラダの使い方図鑑
  9. 左足ブレーキの
  10. 軍隊はえらく金を食うので