普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




太極拳の

なんだか、複雑な気分である。
と、いうことで、私は20代から、とある太極拳を習っていたのだけれど、父が亡くなってからは、年に2度の一泊二日の合宿を日帰りで参加するだけという形になっていた。
ただ、現在、その太極拳の会のサイト運営を私がやっているのだけれど、つい、さきほど、独自ドメインを外した。ページが大量に残っているので、ぼちぼち消していく予定。CMSを使うと数千のファイルをアップロードするのだけれど、一度に消すのが難しい、エラー表示が出てしまう。

あぁあ・・・、と、ちょっと、ため息をつく。
会が無くなってしまったんじゃしょうがない。

なお、その会では杖術という武術も教えていたのだけれど、先生から、君が杖術を教えてもいいよと承諾を得たので、それは私が上手であるということではなく、十数年一人で練習していたので、私の癖がかなり加わってしまい、原型を止めていないからだと思う、人を集めて教えてみるのもいいかと思ったりもする。
ただ、私の癖のついた動きは、足首や膝、かなり負担をかけるので、練習で体を痛めたりされると困る。それを考えると、一人、先輩が相手をしてやろうと言ってくれているので、細々と二人で練習するのもありかもなんて思う

[/memo] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 翁長雄志知事の他界
  2. あちこちらに忖度
  3. 「優れた演説が埋もれるのはもったいない」
  4. 数年ぶりだろうか、通しで2時間テレビ番組を見た
  5. 20180722 メモ書き
  6. パリで「旭日旗」を掲げた日本の自衛隊に
  7. タテカンギャラリー
  8. 教育
  9. 戦争の大問題