普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




今晩は雨。
少し窓を開けて、雨音を聴いているとゆっくりと気持ちが水底に沈んでいく。
あまりに沈んでいくと、水面まで戻れなくなってしまうので、中ほど辺りをゆらゆらする。
水たまりに雨粒の落ちる音、遠くからは蛙の声。

いろんな曲に雨音を題したもの、歌詞にあるもの、多々ある、そして、少しばかりに不規則な雨音の連なりが、こうやって聴いていると、あぁ、これはまさしく音楽だと納得するのだ。
小泉文夫の民族音楽に感化され、熱心に聴いていた頃を思い出す、半音と半音の隙間、1/4音も当たり前の、多くの民族音楽はこの自然の音を模するところから始まったのだろうなぁ、と雨音を聴きながら思う

[/memo] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 広島原爆
  2. あとで
  3. むこうまち富永屋
  4. 山本太郎の出演した番組について
  5. いたちの最後っ屁、ではありませんが、泥憲和の本をご紹介です。
  6. 東京裁判と
  7. 秋篠宮家を家庭崩壊させた「元凶」は誰だ
  8. イラストでわかる疲れないカラダの使い方図鑑
  9. 左足ブレーキの
  10. 高級ホテル「デュシタニ」誘致 京都市が小学校の跡地に