普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




今晩は雨。
少し窓を開けて、雨音を聴いているとゆっくりと気持ちが水底に沈んでいく。
あまりに沈んでいくと、水面まで戻れなくなってしまうので、中ほど辺りをゆらゆらする。
水たまりに雨粒の落ちる音、遠くからは蛙の声。

いろんな曲に雨音を題したもの、歌詞にあるもの、多々ある、そして、少しばかりに不規則な雨音の連なりが、こうやって聴いていると、あぁ、これはまさしく音楽だと納得するのだ。
小泉文夫の民族音楽に感化され、熱心に聴いていた頃を思い出す、半音と半音の隙間、1/4音も当たり前の、多くの民族音楽はこの自然の音を模するところから始まったのだろうなぁ、と雨音を聴きながら思う

[/memo] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 翁長雄志知事の他界
  2. あちこちらに忖度
  3. 「優れた演説が埋もれるのはもったいない」
  4. 数年ぶりだろうか、通しで2時間テレビ番組を見た
  5. 20180722 メモ書き
  6. パリで「旭日旗」を掲げた日本の自衛隊に
  7. タテカンギャラリー
  8. 教育
  9. 太極拳の
  10. 戦争の大問題