普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




タテカン 2018.05.13

これは、もう、私には民主主義を揺るがす大問題だと拳を振り上げたいくらいだけれど、年寄りなんで腕が自分の肩より上に上がりません。
 
京大:立て看板を強制撤去
毎日新聞 / 2018年5月13日 11時37分
 
https://news.infoseek.co.jp/article/mainichi_20180513k0000e040154000c
 
鶴見俊輔の文章に戦前の大正・昭和の初めのジャーナリスト達は戦争反対をするも、法律を守って、次第に戦争賛成と変わっていった、それを思うとき法律を守ってデモをしてくれという声を受け入れることは私にはできない、おおよそ、そんな文章だったと思う。この記事を書くために読み返していないから、おおよそでしかないけれど。
今回の構図は戦前の戦争反対運動と同じだ。と私は思ってい
[/memo] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 翁長雄志知事の他界
  2. あちこちらに忖度
  3. 「優れた演説が埋もれるのはもったいない」
  4. 数年ぶりだろうか、通しで2時間テレビ番組を見た
  5. 20180722 メモ書き
  6. パリで「旭日旗」を掲げた日本の自衛隊に
  7. タテカンギャラリー
  8. 教育
  9. 太極拳の
  10. 戦争の大問題