普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




翁長雄志知事の他界

翁長雄志知事の他界、私的は大問題だと思うのに、なんだか、世間の扱いが低いような気がして、苛立つ。

安室奈美恵さん、翁長知事死去でコメント
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-778660.html

[/memo] permanent link e



あちこちらに忖度

朝一の作業を終え、家に戻る。
家人がテレビを見ながらご飯を食べている。
さて、テレビでは、「男 山根明」氏が、どれほど身勝手で悪い奴かと司会者やコメンテーターが語っている。そして、こういう人物を支えた、もしくは、作り出したであろうまわりの人たちを糾弾し、忖度はいけないということを言外に語っている。
考えてみれば、多分、男 山根明氏は冷蔵庫の水は何本で、なんて言っていないだろうと思う。
私の勝手な想像だけれど、最初は水がテーブルに置いてあっただけかもしれない。
それを、男 山根明氏が、なんだ冷えてないじゃないか、なんて言い、それじゃあと次からは2本くらい冷蔵庫に入れて、それを男 山根明氏は、微妙な表情を醸し出したのかもしれない、その表情を見て、次は4本にしておこうなんて、そんな感じでマニュアルが出来上がってきたのだろうと思う。
さすがに、男 山根明氏は用意しておくモノリストを手書きし、これ、打っといてくれと息子にプリントアウトさせたりはしないだろう。
忖度を餌に、山根明は男 山根明に変じていったのだろうと思う。
私はほんの少しだけ人間不信の気分があるので、新たな男 何某が誕生しないことを望んでいたりする。
さて、この話題が終わり、次の話題はお盆休みの帰郷のこと、亭主の郷についていくのはしょうがないけれど、なんだか、気も使うし嫌だなぁという奥様への話題。
姑が、いいのよ、ゆっくりしてくれればいいんだから、と笑顔で語るとき、その言葉をそのまま受けとるべきか、それとも夕飯のお手伝いをするべきか、コメンテーターの回答は自分のエプロンを持っていくべし、つまりそつなく手伝えということだった、もっとも、ここで私はお茶を飲み終えたので後は知らないのだけれど。
まさしく、これは上下関係における忖度である。
ついさっきまで、忖度ってだめだよねと言ってたはずが、話題が変われば忖度しなきゃしょうがないよねぇと言っているわけだ。
なんで、こんなことになってしまうか、上下関係ではなく、人間関係は横の関係でいようとうたうのはアドラー心理学で、結局のところ、横関係の方が幸せでいられるということだ。だから、この場合は手伝って欲しいなら、一緒に夕食の準備してくれると姑が言えばよく、嫁は勇気を持って、私はこう思うのですけど、お母様、お手伝いしましょうかと言えばいい。
なぜ、そうテレビの人たちは言わないのか、単純に受けが悪いからである。
そんなことを言えば、こっちの苦労も知らないでさぁと評価が落ち、それが視聴率、ひいてはスポンサー様のご気分を害してしまうため、忖度した結果なのである。
もう、あちこちに忖度という罠があるのである、なんか、しんどいのである。

[/memo] permanent link e



「優れた演説が埋もれるのはもったいない」

「優れた演説が埋もれるのはもったいない」。本より早く枝野演説をWebにアップした人物が語る「国会文字起こし」の意味
https://hbol.jp/172014

一年で何冊の本を読むか、そういうアンケートがあるなら、多分、私は読んでいる方かもしれないかなという気がする。
そんな私が本と著者との関係において考えるのは、これはなんて良い本なんだと感嘆したとする、でも、それが必ずしも著者がそういう本を書くだけの人格者であるとは限らない、ということだ。
私はそんな学習をしたので、彼の発する言葉から彼の人となりを判断することを諦めている。彼がどんな行動を実際に為したか、それを判断の基本にしている。
これは同時に、言葉とそれを発した人とを分離し、言葉そのものを、独立したモノとして評価しようということでもある。

私は枝野氏がどんな人物か、どうも、判断し切れないのだけれど、言葉というモノは発した人から独立したモノだと考えているわけだから、これは興味深い言葉だと思うことができるのなら、読んでみようと注文したわけだ。

枝野幸男、魂の3時間大演説 安倍政権が不信任に足る7つの理由
    枝野幸男/〔述〕 ハーバー・ビジネス・オンライン/編
出版社名     扶桑社
出版年月     2018年8月

[/memo] permanent link e




数年ぶりだろうか、通しで2時間テレビ番組を見た

数年ぶりだろうか、通しで2時間テレビ番組を見た。

音楽チャンプ http://www.tv-asahi.co.jp/ongakuchamp/
素人参加型カラオケ選手選だ。
よし、人前で歌ってやろうかという人たちである、私のような門外漢でも上手いなぁと思う。
最後の二人、両方共上手かった。
私は今回2位になった子が1位かなと思ったのだけれど、あぁ、なるほどと思う。
2位になった子の方が技術的にちょっと上だったと思う。だから、私はその子が1位かなと思ったわけだ。
歌ってのは、奥が深いなぁとつくづく思う。

1位の子は情感を巧みに表現していた。いや、巧みという表現は適切ではない。
声が情感そのものだ、これは後天的に身につけたものというより、生まれ持ってのものかもしれない、そう、思わせるものがあった。
カラオケの採点機では2位の方が点数が高かった、つまりは人間の審査委員がそれを補う高得点を与えたということで、なるほど、歌ってものは深いものだと思ったわけだ。

久しぶりに山本美絵の歌を聴く。
https://www.youtube.com/watch?v=fLZ_oEoP68w

[/memo] permanent link e




20180722 メモ書き

西日本豪雨の被災者に祈りを捧げた天皇と酒盛りの自民党
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/233728/1

そんな政治家を選ぶ国民が、というけれど、そんなのしか、居ないんだもの。
山本太郎は率直に私は評価しているけど。
こういう状況の一番の理由、原因は国民にあると思う。
では、どう国民に原因があるのだといえば、国民の忘れっぽさだ。
政治家が、一年もすれば国民は忘れるさと思っているだろうし、余程の関係者でもない限り、本当に1年もすれば、国民は忘れてしまう。
どうしたら、忘れずにいられるのだろう

中身はスカスカ…野菜からミネラルやビタミンが大幅に減少
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/233723/3

えらいことである。味が薄くなった、アクが減ったという話は以前にも聞いたことがあったが。
1950年代の栄養をにんじんで摂ろうと思ったら、当時1本のにんじんの栄養かだけを見れば、10本も食わねばならないらしい。
種とか土とか養分とか育て方とかいろんなことが関わっているのだろうと思う。
どうすれば、栄養のあるおいしい野菜を食べつづけることができるのかなぁ。

支援団体代表に聞く 弱者叩きを招く「貧困ギャップ」とは
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/233830/3

抜粋開始
「貧困になると、目先のことしか考えられなくなることもあります。冷静に考えると、5キロのお米を買って食べる方が経済的でしょう。でも、毎食コンビニのおにぎりを1個ずつ買って食べてしまうことが少なからずあります。5キロのお米なら2000円程度。おにぎりは1個100円として1カ月9000円。常に“今”に必死になってしまうのです」
抜粋終了

いろいろと細かいことを省いて、単純に考えれば、9000円引く2000円。7000円がお店の人、流通、卸、生産、いろんな人たちの利益になっている。
戸惑いながらも言いたいのは、貧困ビジネスとあんまりかわらない。

フードバンクについては、難しい。
とりあえず私は諸手挙げて賛成とは言えない。
コンビニのおにぎりを食った次の日の朝、必ず、痔になる私としては賛成とは言いきれない。

夏休み中の子どもへ食料援助 京都、フードバンクが出荷開始
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180722000017

なんというか、今の資本主義の枠外で、子供が飢えたりしない仕組みを作ることが出来ないものかと思う。

[/memo] permanent link e




パリで「旭日旗」を掲げた日本の自衛隊に

旭日旗については、人それぞれ考え方受け取り方もあるだろう、私は嫌いである.
さて、自衛隊は何故、旭日旗を掲げたのか.
今までの歴史から、旭日旗に関わる近年の話題までを考えれば、こういうことをすると揉めるよね、話が難しくなってしまうかも、って思わないはずはない.
つまりは、そういった危険をおかしても掲げる理由があったのかと思う。

と、書きたいわけだけれど、上下関係の厳しい集まりである、多分、上の気分に、大して考えもせずに迎合したのではないか、そんな気がする.
太平洋戦争下での、軍の意思決定を丹念に拾い、どうして戦争があんなにも長引いたのか、もっと早くに降参できなかったのかをあきらかにしようとする本がこのところいくつか出版されている.
空気を言い訳に、誰も責任を取らない無責任体質、自衛隊はこれを見事に継承しているのかもしれない、知らないけど.

news.infoseek.co.jp
パリで「旭日旗」を掲げた日本の自衛隊に、韓国ネットユーザーから抗議の声- 記事詳細|Infoseekニュース
2018年7月15日、韓国・国民日報によると、フランスのシャンゼリゼ通りで14日に行われたフランス革…

https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_625685/

[/memo] permanent link e




タテカンギャラリー

https://bijutsutecho.com/news/15347/
お昼過ぎ、芸大へ身に行って来た。
これは面白い。
改めてどこかで書こう。

奥の端材を組み合わせたタテカンが気に入りました。写真には写ってませんけど

 
 
 
 
 
 
 
 

https://bijutsutecho.com/news/15347/
お昼過ぎ、芸大へ身に行って来た。
これは面白い。
改めてどこかで書こう。

奥の端材を組み合わせたタテカンが気に入りました。写真には写ってませんけど

[/memo] permanent link e




教育

英語や道徳をどう教えるか──教育現場から悲鳴聞こえる
NEWSポストセブン / 2018年5月22日 7時0分
 
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_677099/
 
あとで書く予定
 
寺子屋方式が成り立ちにくい環境とあわせて
[/memo] permanent link e



太極拳の

なんだか、複雑な気分である。
と、いうことで、私は20代から、とある太極拳を習っていたのだけれど、父が亡くなってからは、年に2度の一泊二日の合宿を日帰りで参加するだけという形になっていた。
ただ、現在、その太極拳の会のサイト運営を私がやっているのだけれど、つい、さきほど、独自ドメインを外した。ページが大量に残っているので、ぼちぼち消していく予定。CMSを使うと数千のファイルをアップロードするのだけれど、一度に消すのが難しい、エラー表示が出てしまう。

あぁあ・・・、と、ちょっと、ため息をつく。
会が無くなってしまったんじゃしょうがない。

なお、その会では杖術という武術も教えていたのだけれど、先生から、君が杖術を教えてもいいよと承諾を得たので、それは私が上手であるということではなく、十数年一人で練習していたので、私の癖がかなり加わってしまい、原型を止めていないからだと思う、人を集めて教えてみるのもいいかと思ったりもする。
ただ、私の癖のついた動きは、足首や膝、かなり負担をかけるので、練習で体を痛めたりされると困る。それを考えると、一人、先輩が相手をしてやろうと言ってくれているので、細々と二人で練習するのもありかもなんて思う

[/memo] permanent link e



戦争の大問題

丹羽宇一郎著 「戦争の大問題」どこかに書いてあったと思うのだけれど、政治の中に戦争経験者がいる間は大丈夫だ、だが、戦争経験者が政治の場にいなくなったとき、また、戦争をする危険がある的なことが書いてあった。
この文章を書くために読みかえしていないので正確ではないけれど。
自衛隊員が政治家に暴言を吐いた事件についてはかなり感心がある。
自衛隊内でどんな教育がなされているのか。
年代的にも、自衛隊現役で太平洋戦争を経験した人たちはいないだろう、ブレーキの無い状態になっているのではないかと危惧もする。
私はがきんちょの頃から麗美のファンであったりする、ちょっと鼻濁音のところがなんだかいい。
走るそよ風たちへ 麗美
https://www.youtube.com/watch?v=Hrv-xAdeD_g

多分、30年近く前の曲。自衛隊員を養成する学校、私は詳しくは知らないけれど、当時、その学祭で麗美がこの曲を歌ったとか。ま、この辺はネットの情報なので当てにならないけれど。
ただ、この曲は自衛隊員に向けても作られた歌で、「活躍する日は来なくていい」と歌っている、当時は戦争体験者もいただろうから、共通認識として自衛隊内にもあったのではと推測する。いまもそうならいいなぁと思う。

[/memo] permanent link e




今晩は雨。
少し窓を開けて、雨音を聴いているとゆっくりと気持ちが水底に沈んでいく。
あまりに沈んでいくと、水面まで戻れなくなってしまうので、中ほど辺りをゆらゆらする。
水たまりに雨粒の落ちる音、遠くからは蛙の声。

いろんな曲に雨音を題したもの、歌詞にあるもの、多々ある、そして、少しばかりに不規則な雨音の連なりが、こうやって聴いていると、あぁ、これはまさしく音楽だと納得するのだ。
小泉文夫の民族音楽に感化され、熱心に聴いていた頃を思い出す、半音と半音の隙間、1/4音も当たり前の、多くの民族音楽はこの自然の音を模するところから始まったのだろうなぁ、と雨音を聴きながら思う

[/memo] permanent link e



補助金交付

匿名性と合わせて書いてみたい、あとで。
続き
 
私は明治大正昭和の歴史を考えたとき、朝鮮学校こそ、最初に補助金交付が必要だと思っています。こういうことを書くと批判されるかも知れませんけど、何故、ここにこの人たちが居るのかを考えれば私の考えはそれほど不合理ではない、そう思っています。
 
さて、この事件は現代のいろんな興味深いものを内在しているように思います。
先程、仕事から戻ってきてへたばっておりますので一つだけ。
 
懲戒請求をした人たちの多くが、送ったことを悔いているようですね。
この点について、匿名性から論を始める人が多いと思いますので、私がちょっとだけ、ずれた視点から書いてみます。
 
「結果良ければすべて良し」
この言葉のもともとは、いろんな辛いこと、不満なこと、あれこれあったけれど、完成したのだから、最終的には上手くいったのだから、良しとしようよ、ということで、ある意味、慰めの言葉であると思っています。
ただ、この言葉、現在ではどうでしょうか、そのように受け取られているでしょうか。
 
私たちは小学校から中学、その後、受験し合格すれば、高校、大学と、また、公の教育を受けてきたわけですが、その過程の中で、「結果」を重視するという学習をしてきたのではないでしょうか。試験の結果で人生も変わってしまう、そんな一喜一憂を経験していく中で「結果」が大事であるのだという考え方を身につけてきたのではないか。つまり、「経過」をかるんじてきたのではないか、ということです。
大学の入学試験でも、合格すれば良し、受からなければ、どんなに努力をしても意味が無い、そんな考えかたになってはいないでしょうか。
つまり、良い結果さえ残すことができれば、途中経過には意味が無い。
カンニングも、論文の資料捏造も、それが明白に現れた結果ではないでしょうか。
 
つまりは、「結果だけ良ければそれで良し」ということです。
さて、今回の事件で、懲戒請求を送った人たちについて。
彼らの「結果」は「懲戒請求を送る」という行為です。
「経過」は、送ることが日本を良くすると思ったなど意見がありましたが、送るまでの「思案」、これが「経過」です。
しっかりと「経過」を通れば、懲戒請求を送るという行為は「しないでおく」という結果に落ち着く可能性の方が大きいのではないか。
つまり、現代人は結果だけを見て、途中経過を考えない、このことと、その匿名性が敷居を下げてしまった、ということではないのかな、なんて思いました。
 
(なお、私の文章は言いきらずに「思いました」と終えることが多いのですが、これも、言いきらないことで逃げ場を作るということです。)
[/memo] permanent link e



タテカン 2018.05.13

これは、もう、私には民主主義を揺るがす大問題だと拳を振り上げたいくらいだけれど、年寄りなんで腕が自分の肩より上に上がりません。
 
京大:立て看板を強制撤去
毎日新聞 / 2018年5月13日 11時37分
 
https://news.infoseek.co.jp/article/mainichi_20180513k0000e040154000c
 
鶴見俊輔の文章に戦前の大正・昭和の初めのジャーナリスト達は戦争反対をするも、法律を守って、次第に戦争賛成と変わっていった、それを思うとき法律を守ってデモをしてくれという声を受け入れることは私にはできない、おおよそ、そんな文章だったと思う。この記事を書くために読み返していないから、おおよそでしかないけれど。
今回の構図は戦前の戦争反対運動と同じだ。と私は思ってい
[/memo] permanent link e



消防団

私もおよそ10年間、消防団にいて、その間、私名義の通帳を用意したこともなかったし、誓約書を書いてもいない。私が消防団にいたのは20年ほど前で、当時と今とはずいぶん仕組みも違うのだなぁと思う。退職金はもらったので、お金持ちにはたいしたお金ではないかもしれないけれど、貧乏ったれの私にはかなりの金額だった。
岡山市:「幽霊消防団員」348人に1460万円
 
毎日新聞 / 2018年5月13日 9時0分
https://news.infoseek.co.jp/article/mainichi_20180513k0000m040107000c/
[/memo] permanent link e



極右

あなたが「極右」に入る日が近い理由を徹底解説! 極端な思想にハマる日本人は急増する!
https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_58826/

メモ 総中流の意義を考え直してみること

[/memo] permanent link e



軍国化

日曜日、ちと事務所の、いっぱいの書類、何とかしなければと片付けを始めた.
私の片付け方法は右のものを左へ、左のものを右、上のものを下、下のものを上と置き直すのみなので、どうも、総量が減らない.これではいかんと半年後に断裁するぞと書いたダンボール箱にあれもこれもと放り込んだ.

さて、画像は京都新聞 2007年5月21日.
ニッポン知の現在 「戦中の日本」たどる米 (軍国化に巻き込まれるな) ジョン・ダワーMIT教授 という記事.

アメリカは軍国化して行っている.日本よ、それに巻き込まれるなと書いているけれど、10年経って、あぁ、巻き込まれているなぁと思う.

[/memo] permanent link e




9条俳句の

メモ 後で。

9条俳句訴訟 表現の自由を侵すのに
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018051902000160.html

「9条俳句」不掲載、さいたま市が二審も敗訴 原告側「公民館職員の義務にまで踏み込んだ」と評価
https://www.bengo4.com/internet/n_7905/

二つの記事を比較してみること

[/memo] permanent link e