普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




2016.07.22 問いつづけて-教育とは何だろうか

2016.07.22 問いつづけて-教育とは何だろうか

友人のfacebookの記事を読んで思い出した。

何十年も前、小学校からの、数少ない、とある友人と、多分、30才くらいの時に話したことを思い出したのだ。

自分は学校の先生になりたかったんだとお互い、少し照れ笑いをしながら話した。教師になりたい、学生時代、そう思っていた。もちろん、私は親の仕事を継がねばならなかったので、はなから無理であったのだけれど。

なぜ、そんな話を彼女としたのかというと(友人は女性である、ただし、彼女と言っても恋愛云々の彼女ではなかった、とても残念)、彼女との話の中で、林竹二の本を読んで、教師になるのをあきらめたという、不甲斐ない共通点があったからだった。

教育学者 林竹二 彼は、奥さんと二人で小学校をまわり、授業をした、 「人間について」という授業。ソクラテスをはじめ、哲学者を題材に彼は授業をした、それは授業巡礼と呼ばれている。

問いつづけて-教育とは何だろうか http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000019645982&Action_id=121&Sza_id=F2

既に絶版だけれど、表紙の女の子の笑顔は、林竹二の哲学の授業、大人でも難しいという内容を、理解した瞬間を捉えた表情だ。 20代、そこそこ、純真さをいくらか残していた私と友人は、がつんと衝撃を受けたわけだ。 ただ、哀しいかな、林竹二の授業への情熱に臆してしまい、普段の言葉で言うなら、「びびってしまい」、違う道を選んだということ。

夜はつい饒舌になってしまい、つまらないことを書きすぎてしまった。

[/hon/hayashitakeji] permanent link e