ブログ確認

May 04, 2018

素敵な女性

いやっほー、最高だ。
 素敵な女性を自転車の後ろに乗せ走っている。
 春のやわらかな風、穏やかな日差し。私のお腹辺りに後ろに乗る女性の手がある、細くて白い。顔は見ていないけれど、すっごい美人だ、と私は思っているのだ。
 背中に彼女の息遣いを感じ、物部さん、素敵って彼女が言う。
 私はもう嬉しくって嬉しくって舞い上がって、いやっほーと叫んでいるのだ。
これが、今朝、見た夢。明け方の夢は正夢というけれど、正夢でありそうな要素は一つとしてありませんな。
 何処からか私は自転車で走ってきて、家へ帰ろうとしている。
うちの家の近くを流れる小畑川、その川沿いの一方通行、がしゃがしゃ走り、橋を越えて、もうすぐ家だというところで目が覚めた。
せめてなら、家に到着したところで目覚めたかったなぁ。
きっと、彼女も、どうして物部さん、お家に着くまでに目覚めておしまいになったの、私が嫌いなの、と何処かで嘆いているかもしれません。申し訳ないことをしてしまった。


edit this blog...

?{1=1 }
Title:
Body:
Password:
upload

message: ready to upload file.

uploaded files
(no file)