普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




右目が少し見えるようになってきた気がする

右目が少し見えるようになってきた気がする。
ということで、2年前の3月、自動車免許の更新だったのだけれど、大きな不安として視力があった。
左目は大丈夫なのだけれど、右目が厳しい。
視力の検査表、円の一部が欠けているやつ、右目は上から3番目か4番目辺りまでしか判断つかない。
ピント調整がだめなのかなと、更新一ヶ月前くらいから、毎日、右目だけ、薬局で買ってきた目薬を差していた。「刺激」が2か3くらいのもの。パッケージに刺激の度数が書かれていて、真ん中ちょっと手前辺りだった。
でも、目薬を差すと、うぉぉっと声を上げたくなるほど痛く、それども続けていた。
結局、免許の更新は左目の視力とその視野角で通った、右目が見えてませんねと検査官が言っていた。
それ以降、右目は目の前すぐにコピー用紙を置かれたように、明暗しかわからなくなった。

改めて、考えると私は阿呆である。
私は歯並びも随分と悪く、長い間、虫歯だったので、しっかり歯を磨かなきゃと、歯磨のチューブ、ちょっと小さめだけれど値段は1,000円以上というのを選んで利用していた。歯を磨いてゆすぐとその水が真っ赤である。いや、本当にしっかりと赤色。本当に阿呆である、悪い血が出ているのかなと思っていた。
今思えば、歯茎の毛細血管をびしばし切っていたのだろうなと思う。
いまは、濃い目の塩水で歯を磨いている、これはかなり快適だ。

コンビニの弁当やおにぎりを食べると翌朝、確実に痔になり、パンを毎日食べると背中に吹き出物ができる。

とことん、薬や添加物に弱いのだなと思う。
思い起こせば、物心ついてから、飲んだ薬は痛み止めにトンプク2、3度と、数年前、インフルエンザにかかりタミフルを一度飲んだだけだ。薬とはほぼ縁のない生活を送っているので耐性が低いのかもしれない。

免許更新から2年が経ち、実は右目が少し見えるようになってきた。コピー用紙からもっと薄手の紙になり、もののあわい輪郭と色が少しわかるようになってきた。
これから3年後、免許の更新だけれど、誕生日が近づくと思い出すのは、左目に目薬を差さなくて本当に良かったということだ。
両目がこうなっては、仕事も生活も成り立たない。

[/diary] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. うたた寝のかけら
  2. 私は佐佐木信綱という国文学者の名前を聞くと
  3. 久方ぶりに
  4. 天窓
  5. 水野広徳が日本は戦争をする資格がないと書いた
  6. 「東九条」という記録映画が3月に
  7. シアターリミテ公演 Do・p・pu・N を観る
  8. 微笑み外交
  9. 綾瀬はるかの『世界平和』の夢を
  10. ゼッケン8年