ブログ確認

Feb 24, 2018

本当に大切な種子を護ろうと思うなら

本当に大切な種子を護ろうと思うなら、個人が自分自身の名前付きで、手の内にて護らなければならない、とても大変なことだけれど。
かなり、以前、新聞に冷泉家当主の談話があり、平安時代からの事物を国に任していたらとっくに散逸していた、家宝として護っていたからこそいまもあるのだということが書いてありました。この文章を書くために記事を読み返していませんから、おおよそではありますが。


edit this blog...

?{1=1 }
Title:
Body:
Password:
upload

message: ready to upload file.

uploaded files
(no file)