普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




本当に大切な種子を護ろうと思うなら

本当に大切な種子を護ろうと思うなら、個人が自分自身の名前付きで、手の内にて護らなければならない、とても大変なことだけれど。
かなり、以前、新聞に冷泉家当主の談話があり、平安時代からの事物を国に任していたらとっくに散逸していた、家宝として護っていたからこそいまもあるのだということが書いてありました。この文章を書くために記事を読み返していませんから、おおよそではありますが。

[/diary] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. ギリヤーク尼ヶ崎50周年記念公演【関西・京都】・円山公園
  2. memo
  3. 素敵な女性
  4. 神谷美恵子
  5. 膝が痛いと
  6. 木製スプーン作りの講習会
  7. おっさんというイキモノは
  8. イラクでの日誌
  9. いやいや、それは無理筋というものにございます
  10. まいづるご近所大学