普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




本当に大切な種子を護ろうと思うなら

本当に大切な種子を護ろうと思うなら、個人が自分自身の名前付きで、手の内にて護らなければならない、とても大変なことだけれど。
かなり、以前、新聞に冷泉家当主の談話があり、平安時代からの事物を国に任していたらとっくに散逸していた、家宝として護っていたからこそいまもあるのだということが書いてありました。この文章を書くために記事を読み返していませんから、おおよそではありますが。

[/diary] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 右目が少し見えるようになってきた気がする
  2. うたた寝のかけら
  3. 私は佐佐木信綱という国文学者の名前を聞くと
  4. 久方ぶりに
  5. 天窓
  6. 水野広徳が日本は戦争をする資格がないと書いた
  7. 「東九条」という記録映画が3月に
  8. シアターリミテ公演 Do・p・pu・N を観る
  9. 微笑み外交
  10. 綾瀬はるかの『世界平和』の夢を