普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




うろ 樹祠

古い樹木の
古い樹木には「うろ」ができる。
樹祠と書くらしい、中が腐ってぽっかりと開いた穴だ。
さて、不惑の歳もずいぶんに終え、私の内部にも「うろ」が大きく成長しつつある。
今まで何をしてきたろう。つまりはこれから何をしていこうという気分よりも、残り時間の減少に伴い、お前は何をどうして来たのだという焦りが見上げるほど、大きくなってしまう、これが「うろ」の主たる構成要素なのだろう、天地逆転して私の中の「うろ」が私を飲み込もうとするのだ。
多分、私の他にもこんな気分の人たちが多いであろう。

「うろ」を樹木の祠と言うならば、供え物でも線香でも焚き、それでも、どうしようもないのであれば、とにかく手当たり次第に辺りのモノを詰め込んで、「うろ」の存在を無くしてしまおうと画策するのだが、どうもこの「うろ」は食虫植物の遺伝子でも取り込んでいるらしく、いくら埋めてしまおうとしても、気に入らないモノは消化してしまうようだ。

結局のところ、「うろ」とうまく付き合っていく他ないらしい。
そう思い、頭突っ込んでのぞいてみれば、
案外、含蓄のある文様である。
また、樹液の溜まりが昆虫達の餌となり、なんとなれば、小鳥や小動物の避難場所にもなっているようである。
「うろ」とは案外気持ちのよい、人好しな輩なのかもしれない。
どうせ、死ぬまでつきあっていくのは違いないことであろうし、ならば、うまくやっていければいいなと年頭に思う。

 

[/diary] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 右目が少し見えるようになってきた気がする
  2. うたた寝のかけら
  3. 私は佐佐木信綱という国文学者の名前を聞くと
  4. 久方ぶりに
  5. 天窓
  6. 水野広徳が日本は戦争をする資格がないと書いた
  7. 「東九条」という記録映画が3月に
  8. シアターリミテ公演 Do・p・pu・N を観る
  9. 微笑み外交
  10. 綾瀬はるかの『世界平和』の夢を