普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




朝、起きがけに夢を見た

朝、起きがけに夢を見た。中学生、修学旅行でのひとときである。
晩ご飯を食べようと全員がぞろぞろと、ホテルの大宴会場へと入っていく、数百人はいるだろうか。
私もそのうちの一人として入りかけたとき、入り口に数人の女の子達が固まっているのが見えた。
その一人がMさんである。
中学生時代、好きだった女の子である。
うわっ、Mさん、化粧濃いなぁと思ったのだが、あっと気づいた、よく見ると、その人はMさんではなく、クレオパトラだった。クレオパトラの目が妙に横長で、私の歩くのを追うように瞳が左から右へと移動していく。
Mさんも私のこと、好きなのかなと思いながら宴会場へと入った。
‭テーブルにつくと料理が並んでいた。ご飯とお味噌汁、だし巻きとお好み焼き風卵焼きが並んでおり、卵ばっかりだとがっかりする。

目を覚ましてから思う。
Mさんに、ね、何処に座るの、一緒に座ろう、と言えるような性格であれば、人生、随分、今と違ったものになっているだろうな、楽しい人生を送ることができたかもしれない。

なお、Mさんとは、数年前に再会した。
ものちゃんやん、久しぶりと声をかけられる。
あぁ、中学生の時、そんなあだ名だったと思い出した。

[/diary] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. ほんやら洞全焼を知る
  2. 子供、銅像と握手していた
  3. うろ 樹祠
  4. ほとり・ポトリ
  5. 2017.11.15 核ごみ住民会合に学生動員
  6. 2017.11.12 第2回 堅原のきさき市に出かけてきました
  7. 2016.11.14 エドワード・スノーデンが
  8. 2017.11.10 資本主義は
  9. 2016.11.10 親日国という言葉がある
  10. 2017.11.08 自分が死んだ後、というのは考えても仕方がないと思う