普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




2017.11.03 ギャラリーヒルゲート 日下部直起展へ行く

ギャラリーヒルゲート 日下部直起展へ行く.
毎年、楽しみにしている。

使われることのなくなったミシン、鎧騎士のマリオネット、人が使わなくなったもの達.使われなくなったことで、それらは、もしくは、彼らはと言うべきか、 生命を宿す。これは、多分、作者の分身でもあり、分け与えた魂のようなものかもしれない、そう捉えたとき、これは永遠の感覚、人は有限の時間しか生きるこ とができないけれど、それでも、目の当たりに永遠の感覚を得ることが出来るのではと思う.

私自身は、扉の絵が好きであったりする.説明によると300年くらい昔の扉がいまもあり、それを描いているとのこと。
私がその実物の扉を見たとしても、その見た瞬間しか見ておらず、次の瞬間にはそれは過去のものとなってしまう。
でも、作者の眼を通して扉を見たとき、過去300年の時間とこれからの永遠を、違うレイヤーでとでもいうのか、永遠を、そのものとして見ることが出来るような気がする、それは時間旅行と言えるかもしれない.
楽しい旅をした気分になる。

 

[/diary] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 2017.11.15 核ごみ住民会合に学生動員
  2. 2017.11.12 第2回 堅原のきさき市に出かけてきました
  3. 2016.11.14 エドワード・スノーデンが
  4. 2017.11.10 資本主義は
  5. 2016.11.10 親日国という言葉がある
  6. 2017.11.08 自分が死んだ後、というのは考えても仕方がないと思う
  7. 2017.11.03 フェイス「さびない鍬(くわ)でありたい~97歳 おひとりさまを生きる~」
  8. 2017.11.05 朝、小芋を掘り出すので手伝えと
  9. 2017.10.28 グループ「橋」「雲のうえの『べゑすぼおる』」
  10. 2017.10.24 カーティス名誉教授はなぜこの会見を開き発言したのか