普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




2017.11.10 資本主義は

京都新聞 2017.11.10 夕刊 現代の言葉 上田久美子

抜粋開始
資本主義は、大衆の欲望を刺激する装置を用意し、消費を促し、そして次なる欲望のために労働へと駆り立てる.我々は、現実の憂さをひととき忘れさせてくれる様々な装置を欲望し、その多幸感で生きる痛みを麻痺させ、金が尽きればまたその「麻薬」を手に入れるべく労働に精を出す.
抜粋終了

資本主義の始まった頃は、自国の人間を対象にしなくても、いわゆる発展途上国の人たちに売り込むことが出来た、私自身はその是非についても疑問をもっているけれど、それはおいて、さて、売り先がなくなれば、その対象を自国民に向けようとする.
その象徴がまさしくラスベガスであり、カジノであるなと思う.
これは国という組織の崩壊へとつながる.ま、難しい表現をしなくても、みんなが博打打ちになったら、誰も働かないし.
トランプ大統領が日本や韓国に武器・兵器を売りつける.
売り先を自国民から他国民へと変更したわけだ、武力の力で.
アメリカの一部の人たちはそれでよいかもしれないが、こちらとしてはたまったものではない。
不満が募っていけば、戦争へのそれが下準備になる.どんどん、兵器がたくさん売れていいなぁというものだろう。
どうすれば、それを押しとどめることができるか。
それぞれの国にその機能を期待するのは無理だと思う.

一人一人が自分で考え、怒りを強く持つことから始めることで、なんとかなるかもしれないとは期待しているけれど。
新聞記事を読んで、そんなふうに思った.

[/diary] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 2017.11.15 核ごみ住民会合に学生動員
  2. 2017.11.12 第2回 堅原のきさき市に出かけてきました
  3. 2016.11.14 エドワード・スノーデンが
  4. 2016.11.10 親日国という言葉がある
  5. 2017.11.08 自分が死んだ後、というのは考えても仕方がないと思う
  6. 2017.11.03 フェイス「さびない鍬(くわ)でありたい~97歳 おひとりさまを生きる~」
  7. 2017.11.05 朝、小芋を掘り出すので手伝えと
  8. 2017.11.03 元立誠小学校 1階の茶店にて煎茶をいただく
  9. 2017.11.03 ギャラリーヒルゲート 日下部直起展へ行く
  10. 2017.10.28 グループ「橋」「雲のうえの『べゑすぼおる』」