普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




ほんやら洞全焼を知る

物部 俊之
2015年1月18日 ·

友人の日記を見て、ほんやら洞全焼を知る。
昼から、その近くに用事があり、10分ほどの場所、足を伸ばす。
前面に防塵用のシートが設置され、横の隙間から、関係者の人たちか、出入りしている。
少し覗き込む、真っ黒の穴になっており、炭の匂いが漂う。
歩道には焼け残った額縁入りの写真が、消火のときの影響だろう、水にふやけて乾かすように立てかけてある。

私より、一世代上で、京都の学生だった人たちにとっては、特別の思いがある場所だろう。

[/diary] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 子供、銅像と握手していた
  2. うろ 樹祠
  3. ほとり・ポトリ
  4. 朝、起きがけに夢を見た
  5. 2017.11.15 核ごみ住民会合に学生動員
  6. 2017.11.12 第2回 堅原のきさき市に出かけてきました
  7. 2016.11.14 エドワード・スノーデンが
  8. 2017.11.10 資本主義は
  9. 2016.11.10 親日国という言葉がある
  10. 2017.11.08 自分が死んだ後、というのは考えても仕方がないと思う