普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




「私の地平線の上に」鶴見俊輔著 潮出版社刊

「私の地平線の上に」鶴見俊輔著 潮出版社刊
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000003589485

多分、最初に読んだ鶴見俊輔の著作が「私の地平線の上に」鶴見俊輔著 潮出版社刊 だったような気がします。違うかもしれないけれど
(一つ前で「。」をつけて、その後の文に句読点を用意しないという書き方もリズムがあっていい)

p233 ひきがえるの歌
「21年7月18日 石川三四郎先生訪問のこと」という一文があります。明治から昭和を生きたアナーキスト 無政府主義者です。
彼についてはfacebookのこちらの記事 https://www.facebook.com/search/top/?q=%E5%9C%9F%E6%B0%91%E7%94%9F%E6%B4%BB&epa=SEARCH_BOXが詳しいです。その他、青空文庫にも彼の文章があります。
アナーキスト、というと、無頼、暴力的という印象がありますが、「政府」というモノを信頼しないという点では共通していますけれど、彼は国という統治システムや政府というモノに信頼が置けない、よって、山に入るという選択肢を選んだ、山の中に小屋を作り、畑を開墾して、戦争が終わるまでその生活を営みました。

青空文庫 https://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1170.html

一部抜粋開始

日本の今後の見通し。今のプロレタリア運動は、中央集権的、官僚的、形式主義的であって、今後においてもこれから多くの期待し得ない。望みはむしろ、敗戦により失望して田舎にこもり自己反省を行いつつある人びとにある。
今まで、自分は、森林にかくれよということを説いて来たが、もうそんな必要はない。
国のすみずみで各自が小さな私塾風のものをつくって教育に従事すること。それから各種の小さな消費組合および生産組合が発達すること これに望みがある。教育ということをともなわぬ社会思想または運動には、意義はない。
代議制度というものに意味なきこと。万事について、自己の意見を他人に代表してもらうことに何の意味があるか。また自己の宣伝をして当選する者に、どうして、すぐれた人があるか。

一部抜粋終了

抜粋は鶴見俊輔が石川三四郎に会いに行く、その時の石川三四郎との会話をメモしたものです。

オルテガが「大衆の反逆」にて、民主主義が機能を維持するには政府と国民の間にしっかりとした中間団体、それはボランティア団体であるかもしれませんし、キリスト教の団体かもしれませんが、そういった中間団体がいくつもしっかりと機能していること、それによって、初めて民主主義が機能する。また、宇沢弘文氏の言う「社会的共通資本」の拡充によって、生きやすい社会を生み出すことができる。敗戦1年後のアナーキスト 石川三四郎の言葉は、いまの時代にこそ、必然のものではないか、「私の地平線の上に」を読みながら、考えておりました。

 

[/book/hon/turumishunnsuke] permanent link e




仕方ない帝国 高橋純子著

仕方ない帝国 高橋純子著
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309248295/

これは面白い本だと思った。
前半半分がエッセイ、後半はインタビューになっている。その後半で今の政権はヤンキー化しているという文章があった。
p142 「気合とアゲアゲのノリさえあれば、まぁなんとかなるべ」という空疎に前向きな感性のことで、
とある。

妙な思考停止、俺じゃない、誰か賢い奴が考えればいいんじゃないという投げ出した感、ヤンキー化、こういう便利な言葉があるのだと納得した。

[/book/hon] permanent link e




「精読 アレントの「全体主義の起源」」牧野雅彦著 講談社選書メチエ

ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」を中程で挫折した私です、だって、頭悪いですから。
ま、そのように拗ねていても仕方がなく、なぜ、読み通せなかったのか、一つには彼女の時代がどんなだったか、その背景への知識が随分と私に足りてなかった、というのがあります。
本には、どうしても読まなければならない種類の本がありまして、彼女の「全体主義の起源」はその一冊にあたると私は考えます。

ということで、今日、三月書房にて買ってきたのが、「精読 アレントの「全体主義の起源」」牧野雅彦著 講談社選書メチエ。
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000195566

いわゆる解説書のようなもので、こんな私でも理解できるよう懇切丁寧に書いてあります。
これを読み終えたら、もう一度、「全体主義の起源」を読んでみようと思っています。

ついでに

昨年カラスウリの種をまき、いくらか育っていたのですが、冬、上部はすっかり枯れそのままにしておりました。
今朝、プランターをひっくり返して確認したところ、3、4センチの株がいくつか出てきました。これを新しい土に植え替え、夕方から雨、夜10時、いまも降り続いています。水やりする手間も省けました。

 

[/book/hon] permanent link e




オモニがうたう竹田の子守唄 --在日朝鮮人女性の学びとポスト植民地問題

オモニがうたう竹田の子守唄 --在日朝鮮人女性の学びとポスト植民地問題
山根実紀 [著] 山根実紀論文集編集委員会[編]
http://impact-shuppankai.com/products/detail/268

注文しました。
鶴見俊輔の本を読んでいると、こういった事実にも強く関心を持つようになります。
ハンナ・アーレントの「全体主義の起源 1」も半分ほどしか読むことが出来ていませんが、ヨーロッパにおけるユダヤ人の位置と少し似ているところがある、そんな気がします。

[/book/hon] permanent link e




悩み・不安・怒りを小さくするレッスン 「認知行動療法」入門 中島美鈴著 光文社新書

悩み・不安・怒りを小さくするレッスン 「認知行動療法」入門 中島美鈴著 光文社新書を読んでいる。

ようは、物事、他人の言動を私を非難し貶めようとしているのだと認識し、悩んだり、不安に思ってしまう、というのをやめる方法である。私は賢い人間ではないので、そんなふうに考えてしまうこともある。
アドラー心理学に興味を抱く根本にそれも大きくある。
メールを送って返事がないのは、あぁ嫌われていたのかなぁと思ったりしたこもあった。アドラー心理学を読むことでそういった考え方は無くなったと思う。この認知行動療法も同じである、これは良い本だ。

自分が思っているほど、他人は「自分」であるところの私のことを思ってはいない、この言葉に救われたなぁと思う。

[/book/hon] permanent link e




鶴見俊輔さんの仕事 兵士の人権を守る活動

高橋幸子 三室勇 那須耕介 黒川創
鶴見俊輔さんの仕事 ②
兵士の人権を守る活動

http://www.groupsure.net/post_item.php?type=books&page=161201Heishi

いわば、人権の領海というか境界というか、そのぎりぎり間際にいる人たちの人権を守らなければと言う活動は、昭和の前半、戦争反対を叫べば身の危険が生じる時代に「戦争反対」を叫ぶ、その覚悟のようなものと似ている気がする。

[/book/hon/turumishunnsuke] permanent link e




考えるということ

考えるということ

エルサレムのアイヒマン アンナハーレント著 多分、アイヒマンと同じく思考を停止してしまったのかなと思う。 つまりは、批判するのは簡単だけれど、誰もがそんなふうになってしまう可能性がある、と思う。

[/book/hon/HannahArendt] permanent link e




悩み・不安・怒りを小さくするレッスン「認知行動療法」入門

悩み・不安・怒りを小さくするレッスン「認知行動療法」入門中島美鈴/著
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334039585
 
日曜日、アバンティブックセンターにて買ってきた本.
うつ、統合失調症、いままでは薬物療法が中心だったけれど、いまは社会心理学的アプローチがもう一本の柱となり、そのアプローチの一つがこの認知行動療法とのこと。
基本は物事を肯定的に捉えることらしい。読んでいると、興味を持ってほぼ1年のアドラー心理学と似ている箇所も多いので、私的には理解がしやすい。
同じ辛い目にあっても、苦しい目にあっても、誰もが同じようにうつになるわけではない.
うつになる人もあれば、元気なままの人もいる.
つまりはどうそれを受け取ったか、その違いによって、辛いことがあっても元気でいることができるわけだ。
まだ、半分くらいしか読んでいないけれどそんな感じ.
[/book/hon/utu] permanent link e




N͂ǂ邩@g쌹OY

N͂ǂ邩@g쌹OY@ǂ

N͂ǂ邩@g쌹OY@g

N͂ǂ邩Bł΁A\㔼܂łɓǂł{łA̎̍΂ł́A͂ǂׂ@ɂȂĂ܂܂B

͂ƂA̎A܂߂āA̐lAɂׂƂȂ̂Ă܂ĂAȋC܂AerVǂނтɂv̂łB

̏Ђ́A炩ɌĂ܂Ĕ菕ĂAv܂B

ǂāAǂȂ̂A̔fÂ߂ɂ͂͂ɂāA͔̒ɓĂƁAŐȂ΂Ȃ܂A ̐悤ɂAȂĂ܂Aڂ₯Ă܂̂ڈɂĂ܂΁AmȔfłȂȂB

ǁAgfłȂ̂łAOɔfCĂ܂D

͂ƂĂ댯łAɎ̐l𐶂ĂȂƂƎv܂D {ɂł̂B

uN͂ǂ邩v͂^ǂނ̂ɒ񎦂Agōlf邱Ƃ̈ӖĂA{Ǝv܂D

͋̓IȖ{̊z͏܂A{̊z₠炷܂ǂłȂlɓ`̂͑߂ƎvĂ܂DAƂɁuΒi̎vov͋[A̐lɓǂłق{łB

[/book/hon/yoshinogennzaburou] permanent link e



‚̏펯A‚͔펯@䌴T@ǂ

‚̏펯A‚͔펯@䌴T

g͂‚ł͂ȂǁA΂KvAA‚Ɋւ{ǂ݂܂A̖{AԁA[悤ȋC܂D
‚͐‹oĂAEC邱ƂŐl͂‚ɂȂD
A‹ǍDɂ邱ƁA܂͂ŁÂ܂܂ɂ܂܁AR܂␇܂𗘗pĂ͂ȂȂƂƁB
AAˆȊǑyx̂‚ɍR܂͌ȂƂƁB

‹ǂA\EK؂ȐƃEH[LOȂǂ̉^AꂪԂ̎Ö@łƂƂłB

BKȎ͂̕łAꂽ́Aۂɍwǂ邱Ƃ߂܂D

[/book/hon/utu] permanent link e



P[^CȂR@֓Mj@˓`Аeǂށ@2016.08.31

P[^CȂR@֓Mj@˓`Аeǂށ@2016.08.31

ʔǂ݂܂BɎ͌gѓdbL͂Ă邯ǁAقڎgĂȂlԂŁAꂩȏOA߂ɉȂFlƉ߂ɁAɘA 悤ԁAgѓdb܂Bȍ~́Agѓdbɂ̂Aɓ܂܂Ȃ̂Ao̒Ȃ̂A[d̋߂ɒu Ȃ̂AS킩܂B

gтĂƌ̂łA‚łAqԂێ邱Ƃɋ┽Ă킯łAȎłA̖{́AgѓdbȂƂ藝_IɎxĂ炦ƂӖł肪B

rAgѓdbAX}zŌ邱ƂŁAmCɂȂASmS\Cɂ‚āAĂ܂B

͖{ǂނ̂DłÁAmȂAłĂȂAƂƂ{ǂނƂɂĒmƂASmS\Ƃ͑΋ɂ̋CɊyĂ̂܂ˁB

̏ꍇAlbg̓p\R݂̂łA炵ĂقǂȂƎvĂ܂B

[/book/hon/saitoutakao] permanent link e



svcȗjՁ@؍@ǂ 2016.06.05

߂Ďv̂́A̎ɐA؍̒݌`œǂނƂ̂łKB

http://www.shinchosha.co.jp/book/125341/

ȂāAÂŗ͙RāAłāAȂɂ̂Ɨ؍̌tɐShԂB
̍QÂɖ|MAċvivlAĂсAFʂ𓾁A܂Aꂪ܂ȂB

[/book/hon/nashikikaho] permanent link e



u򒆓Ł@ȂȂĂ߂ȂvC@PHPV

ʔƔ{D
u򒆓Ł@ȂȂĂ߂ȂvC@PHPV
g͐񂾂ƂȂAƂAvoŁA񂾂͕̂זQقǁAP~߂ƒ̎̒ɂݎ~߁A𐔉AǂPON߂OłD
ƌ‚ANOAv؂ďolԃhbNł́AAĂƓɕa@@߂dbAłA|čsɁAɎD
܂AƂƂAa҂łD
āAȎ𐳓邽߂ɂ́A{͂낵イ܂D

https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-82438-3

[/book/hon/utu] permanent link e



GWF@GWF@GWF@؍@oōH[ ъ

uGWF@GWF@GWFv@؍@oōH[ ъ@ǂށB

ɖ{͐OɓǂłBӂƁAwikipediaŁAɖ{łƒPs{@єłł́Ae傫ႤƂ̂ŁA͓ǂ܂˂΂ƁAقǁAǂݏI܂B
̂悤ɏƁAł́AɔłƂǂ̂̂ł傤AȂɂANȂ̂ŁAɖ{łoĂ܂A܂A߂āAɖ{ǂł݂悤Ǝv܂B

ɖꂽ҂܍߂̂bƑ̂́A܂ɕ\ʓIB
Ɛ[Ƃł̃oXAȂƂAۂ‚Ƃ̑厖B
ĺANAoXۂĐĂ̂́AtŎvBgAFȏ󋵉ŁAȂƎvA߂Ă܂Ɖ邱ƁAB ĂAԈႢȂAꂩ邱Ƃ낤B VɔZt@A‚ƍڂĂƂŁAȂƂAXV𕽂ɂB ĂԂɂł邾낤B

njA܁AȂƂv܂B z̑ɁB

[/book/hon/nashikikaho] permanent link e



@]

http://www.heibonsha.co.jp/book/b161870.html

͂ǂIsbNDł͂ȂA܂ÂƂAerԑgȂǁA{͑f炵A{l͗DGłIȔԑgĂC邪AĂD ́Â󂯓ĂƂA푈ւ̉nɂȂ̂ł́AȋC邩炾D

̂ƂAvz̉Ȋw@u@]vǂłĎv̂́A吳珺aɂāA̎̍lƋʂllA]APWOxAlςĂA̖{͂̍Ղ𖾊mɎĂA‚܂́A͑v낤AƂƂD UԂƂArSȂD

炱A{ǂނƂAƂd[Cɒ߂邱ƂɂȂ̂ł͂ȂA炩ɗĂɍςނ̂ł͂ȂƍlĂD

[/book/hon/shisouokagaku] permanent link e



wsḱ@Later Worksx

 

S_AƂ̂B
т{̖_A͐łD̐́Ał邾ׂǂAłA͋xłȂ₩łKvD
̔fKvƂȂƂA͐̉Eʂ̂Aʂ̂A҂ƍ̂Aꂪ܂͔f邽߂̑OƂȂD
A̐A邢͖_͌ĂAĂ肷̂BȂƂA܂ʼnŝɂ̂ǁAg̑Ӗ\͂̑ȂŁAȂƂ݂ڂ炵D

wsḱ@Later Worksx@ߌr
http://www.groupsure.net/post_item.php?type=books&page=20161002Haiboku
@Aǂ񂾁D
̓A}]̏]ǂ܂ȂDAꂩ{ǂƂĂ̂ɁA͂{ŁAȂĉꂽ{łςɂȂDgŔAĔƂy݂΂ɓƎv炾D
A̖{ɂ‚Ă̋̓IȂƂ͏ȂD
͒ߌr̖{ǂނ̂DDsḱAƚXĔɂ킭킭B
̒ɂ͂́AAAƎvƂ̐S_A̖{͂ƋȂ₩ɂĂƎvD
A̖͂{ǂŁAƂĂȋCɂȂB
CɂȂD
[/book/hon/turumishunnsuke] permanent link e



{l͉̂ĂĂ̂@ߌrE֐ĉ

{l͉̂ĂĂ̂@vzƁEߌr̓

ߌrE֐ĉ

܊w|

[/book/hon/turumishunnsuke] permanent link e



gԂƂĂ̒R@ߌr㒘

@֍sD
QOARO͏ff̖@⑒A͏]Z̖@⑒肷A΂ƂȂƉ߂ĎvD

āA[16܂ł͉͂񂾂悤ȓ܂󂾂ǁAӂށAÂȂ邱납AJ~肾D
J̗[͂낢lDg߂ȂƂA̍s܂ŁD
ƂAv炵ƂłǂȂłȂǁB
A͈ႤȁDȂ񂩂lĂȂAĂǂɂȂȂAFW܂邱ƂŁAω}ł܂̂ ȂAȂ΁AlƂU𑕂̔N̎ɂ́AvƂ𔭂ӔClłƌĂĂlɑ΂Ă̂ ȂB

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309411804/

gԂƂĂ̒R@ߌr㒘@ēǂD
ߌr̖{ɂ́AƗECÂĂD

gԂƂĂ̒R 푈AnZa̐lтƂƂ̌𗬁AוAANlE؍lƂ̋……Bߌ̎ЉsEs^ւ̎Qтvzǂ݉GbZC܂Ƃ߂߂Ă̕ɃIWiRNVB
kawade.co.jp
[/book/hon/turumishunnsuke] permanent link e



uǂǂvߑoŁ@ǂ

uǂǂvߑo
PXSWNAPXTSN̎q̊GLłDZsA̐FɕϐF܂܂̐Xo̊GLfڂĂD
PXSWNAs킩RNDxn܂O̎ゾD

ǂłāAAGL𒭂߂ĂĎv̂́AȎԂłD
푈IāAقƂA܂܂AȂȂƂł邯ǁAӂm֒ʂ킯łȂAerɂ݂‚킯łȂAƑ̏[ԂɂB

https://www.kindai-s.co.jp/products/detail.php?product_id=174

KƂ͉낤ƎvD
Љ̒PʂAeʂƂ{Ƃ𒆐SƂꑰY}AƑƂjƑA܂́AľlPʂɂȂĂƎvD
lԁA‚܂Aul̊ԁijv󔖂ɂȂAgԂɂՂՂAĂ悤ȋCD
m͂ނƂǁAmł͗ȂAȂɂ艷ȂD
A񂾁B

[/book/hon/turumishunnsuke] permanent link e



uI]_vGeBGkEhEE{GV@܊w|ɂǂ

uI]_vGeBGkEhEE{GV@܊w|

ANɔƎv܂D
I]A‚܂Az̏ԂɂȂ낤ƂԓxApłD
ĺÁA炻̏󋵂IԂ̂ÂׂAJɂ́A_IɉǏƎv܂D

傫ȑgDAႦ΁AuvAAǂĂ̋ȑgD͐藧Ă̂A̍āAc⑍bāAƌĂ΂lāA߁AƋ͂A푈B
Ր΂ɎvgDAqׂɒ߂ĂƁA͍̘Otɋ߂肷D

悭Auڂ؂vƗႦ܂A܂Aڂ؂{łD
ȂAE߁D

[/book/hon] permanent link e