ブログ確認

May 04, 2018

大学のパソコン転売―福岡県警

~
仕入れて販売すれば、利益は「販売価格ー仕入れ価格」だ。仕入れ価格が0ならば、販売価格がそのまま利益になる。
 良いとされる大学に入学するには、より効率的な勉強が必要になる。一定の時間内にどれだけ入試問題に正答を書き込むことが出来るかということだ。

横領容疑で准教授逮捕=大学のパソコン転売―福岡県警

 時事通信 / 2018年5月2日 17時50分

https://news.infoseek.co.jp/article/180502jijiX870/

「効率的に、より効率的に、そして最大の利益を得る」を望むには仕入れ価格が0でないとならない。
それを思うとき、こういった事件は起こるべくして起こり、今後、増えていくのではと思ったりする。
 「悪いとされることは、しちゃだめ」
 、という共通認識が根底にある社会は、実のところ、生きていきやすい。ベンチに財布を忘れて慌てて戻ってきたとき、財布がそのままにある社会と、とっくに無くなっている社会とどちらが住みやすいかということだ。競争し勝ち抜くことを是とする社会はあまり住みやすくない。そして、住みよい社会に生きる方が幸福だ。
では、悪いことをしちゃだめという共通認識をどう育めば良いのか。どうも、そこのところが難しい。

私は、本来、家庭内での教育によって成立されるのが良いと思うのだけれど、私も含め大人ってのはなぁ。
といって、学校で一律にそういうのを学ぼうというのは、どうも、気色悪い、森友じゃないけど。

人間関係が薄れ、人は「個」になっていく。「個」になっていくというのは、単純に人間関係が無くなっていくというだけでなく、自分の「顔」を無くしていくということだ。
 顔を無くしてしまうというのは、責任を取らなくてもよいということだ。
 顔を無くしてしまった人たちの集合を大衆と呼ぶならば、どうすれば、「顔のある人」に戻ることが出来るか。
 哲学を学べ、というのが私の気分ではあるのだけれど。
ま、難しい。


edit this blog...

?{1=1 }
Title:
Body:
Password:
upload

message: ready to upload file.

uploaded files
(no file)