普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




はぁ、男の約束ですか

~
『男の約束』反故にした小西氏のナゾ 「防衛省に通報しない」明言も… 自衛官との暴言騒動

夕刊フジ / 2018年4月27日 17時1分

https://news.infoseek.co.jp/article/00fujisoc1804270009/

 暴言を自衛官が政治家に吐いたこの事件は闇に葬られるわけにはいかない。明るいところできっちり白黒つけておかないと、これから先、面倒なことになる。このことは70年以上前に学んだはずだ。
ということで、なんというか、男の約束、うーん、オトコのヤクソク、カタカナにするとなんだか、妖しげだ。
どうもね、私はこういう男のなんとかってのは疑ってかかる。
 子供の頃から、男の子はしっかりしなさい、女の子はやさしくなりなさい的な家庭教育、これは、本来、男というものはしっかりしておらず、女というものはやさしくなく、ただ、これでは男社会を継続していくことができないから、男の子の背中を押し、女の子が前に出すぎないよう制する、それが男らしく、女らしくという認識に変わり、男の約束というのも、男ってのは、しっかりしてないから、でもそれでは都合が悪いので、「男には男の約束ってのがあってな、これは男としてどうにも守らなきゃならんもんなんだぞ」、という伏流のようなメッセージを植え付けてるのではないの、と思ったりする。
 男の約束、どうも空々しい気がするのだ。
まだ、「大人としての約束」と言ってくれる方が受け入れやすい。

[/Thought] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 「集団の論理」って、何かなって考える
  2. 私も死刑になるのでしょうか
  3. 京都新聞より
  4. 私はがちがちの護憲派ですけど
  5. 大学のパソコン転売―福岡県警
  6. 笑う人
  7. 法律と掟とはまったく違う
  8. 徴兵制を復活させて、国を護ろうという発想は
  9. ふれあいホーム 「どうぞ」
  10. 日本人はなんて悪い奴なんだ、と5歳の時に思ったと