普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




徴兵制を復活させて、国を護ろうという発想は

~
http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/zipangu/vod/post_152723/

途中からしか見ていないけれど、興味深かった。
 徴兵制を復活させて、国を護ろうという発想は、もっともぽくあるけれど、それは軍人の発想でしかない。
 私は軍人でないので、軍人の発想は出来ない。

 私は鶴見俊輔の本を少しばかり読んでいるので、彼の言う「国は悪い、国は悪いことをするものだ」という発想から考えを進めたい。
 戦争にはたくさんの人が必要だ。
たくさんの名もなき人たち、国同士が憎みあっても、それぞれの国の人たちが理解し合えれば、戦争を遠のかせることができると言いたい。
 国は悪い、だから私たち個人の小さな人間達で理解し合っていこう、その方策を見つけ、育てることを目指す方が、戦争するよりずっといい。
 中国では王様が誕生して、言いたいことを言おうとすれば命がけだ。日本は安倍首相は嘘つきだなと言っても逮捕はされない。
この逮捕されない内に、しっかりこの糸口を見つけていかなければ手遅れになってしまう。
 番組を見ながらそんなことを思っていた。

[/Thought] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 京都新聞より
  2. 私はがちがちの護憲派ですけど
  3. 大学のパソコン転売―福岡県警
  4. 笑う人
  5. TOKIO山口事件、中条きよし
  6. はぁ、男の約束ですか
  7. 法律と掟とはまったく違う
  8. ふれあいホーム 「どうぞ」
  9. 日本人はなんて悪い奴なんだ、と5歳の時に思ったと
  10. 「われわれの小田実」を書店へ受け取りにいく