普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




「お前が言うな」という反論を恐れるな

「お前が言うな」という反論を恐れるな。
私は立派な人間ではない。いわゆる人格者ではない。
毎度、ああだこうだと悩み、自分の行為に対して後悔することも多い。

だから、私は、少しばかり、まっとうなことを書こうとするとき、読んだ人は、お前が言うなよと思うかもしれない、と、私は恐れている。

ただ、新聞を読めば、えらく賢いはずの人たちが文書を改竄したり、散々である。
標準偏差は自分が全員の中のおおよそどの辺かは教えてくれるが、その全員の層そのものが下がってきているのではないか、そんなふうにも思う。

この下がりつつあると思うところの層を上げていくには、お前が言うなよという暴力的な力を持つその言葉に抗って、「自分は出来ていない、でも、言うべきだと考えるから言うのだ」という態度を持つしかないのでは、そう考える。

[/Thought] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 「集団の論理」って、何かなって考える
  2. 私も死刑になるのでしょうか
  3. 京都新聞より
  4. 私はがちがちの護憲派ですけど
  5. 大学のパソコン転売―福岡県警
  6. 笑う人
  7. TOKIO山口事件、中条きよし
  8. はぁ、男の約束ですか
  9. 法律と掟とはまったく違う
  10. 徴兵制を復活させて、国を護ろうという発想は