普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




記事 内田樹の研究室 尖閣インシデント を読んで思うこと

記事 内田樹の研究室 尖閣インシデント を読んで思うこと。
http://blog.tatsuru.com/2017/12/20_1833.php

これは、尖閣諸島をきっかけに日本と中国が戦争になったとき、自国アメリカはどういう対応をするかをシュミレーションしたホワイトハウスからの話ということで。

日本のメディアやコメンテーターだとか、有識者という人たちは、「戦争になったらどうするのだ」という地点から考えたり、もっともらしいことを喋ったりする。
彼らの大前提として、うちは戦争する気はないんだけどね、でも、向こうから戦争をしかけてきたら、対応しなきゃならないじゃん、としている。

私は、戦争というモノは必ず起こるものだという前提のもとで、如何に戦争を向こうへ遠ざけるかが大事だと思っている。
つまり、「うちも戦争仕掛ける」かもしれないという前提を目前に置く。つまり、無幸の私たちが、受身的に戦争に追いやられるのだという前提を廃し、事と次第によっては戦争を仕掛けるかもしれない、私は自衛のための戦争は存在しないという考え方だから、当然、能動的に戦争を仕掛けることもあるだろうとなる。
そう考えるからこそ、戦争を能動的に避けようという発想になると考える。
つまりは、戦争になったらどうしよう考えるのではなく、戦争にならないようにするにはどうしたらいいのだろうと考えるのが、まずは一番の大事なわけだ。
そこのところを抜いて、戦争になったらどうしよう、今のうちに軍備を増やそうだとか、憲法を変えようなどとは、愚としかいいようがない。

70年以上前、鬼畜米英と叫んでアメリカ人は人間でない、鬼だ、自分たちとまったく違う恐ろしいやつらだと国民を認識させ、終わりどころの決めていない戦争を続けた、国民もずいぶんと言葉に踊らされた。
いま、日本人のわりと多くの人たちが、中国、それと韓国に良い印象を持っていないのではないか。
そして、それは、中国や韓国の人たちの中に、日本にあまり良い印象を持っていない人たちが増えてきたということでもあると思う。

ここで、私は鶴見俊輔の「言葉のお守り的使用法」で解説された、単純な言葉、意味のない、でも勢いのあるスローガンというものが、如何に人の考え方に影響を及ぼしてしまうかを改めて思う。

国同士が反目しだしたときこそ、一人一人の国民が他国の人たちと仲良くしたい、仲良くする方がお互い幸せなのだということを思い出していかないと、それこそが、戦争を遠ざける一番の方法だと思う。

 

[/Thought] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 「あなたに届けるカタチの未来」という記事があった
  2. 以前、テレビで八王子つばめ無料塾の活動を見て関心を持っていた
  3. 自動車は必要か
  4. 京都新聞 ベタ記事だけれど、「ルワンダ虐殺 仏加担 政府委託報告 武器提供」の記事を読む
  5. 福島県民お断りの作文全文!書いた中学生は誰?読んで泣きました! を読んで考える