普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




福島県民お断りの作文全文!書いた中学生は誰?読んで泣きました! を読んで考える

福島県民お断りの作文全文!書いた中学生は誰?読んで泣きました! を読んで考える

http://vivivigirl.com/fukusimakennminnokotowari/


2016年12月10日 ·

このところ、何か、社会に関わることを考えるとき、私は、水俣病と広島長崎に攻撃された原爆から始めることが多くなったように思う.

水俣病の原因企業 チッソ 垂れ流した有機水銀が水俣病の原因だが、その有機水銀はプラスティックの原料を作ることにより生じたもので、プラスティックを利用したことがないという人はいないだろう、そう考えたとき、水俣病という公害病における、まったく無関係の第三者は存在しないということだ.
そう考えたとき、フクシマに因るまったくの第三者は存在しないことになる。
つまり、記事にある「福島県お断り」など、絶対に言うことのできるものではないはずだ。

さて、ここで話を終えてしまうとつまらないのでちょっとだけ踏み込んでみる.
なぜ、「福島県お断り」と考えるのか.
一つは避難してきた人たちは放射能に汚染されていて、近づけば、自分も放射能で病気になるのではないかという不安.それと、多分、日本人固有のと言ってもいい忌むべきものと考えるものに対しての拒絶感がそう言わせるのだと思う.
これは、本音と建前という分け方をするなら、本音の部分だ.
だから、なにを考えているのですか、非科学的ですよと理屈をつまびやかに説明しても、あなた、それが人としての行いなんですかとなじっても、建前の中に隠された本音を変えることはできない。
本音までに到達しないのだ.

しばらく前から興味のあるアドラー心理学的に言うなら、この人たちは、こういう考えであることを、頑固に自分で決定してしまったということだ。
だから、決定した本人自身がその決定を変更しない限り、変わることはない.ただ、変えない決心もしているので、よほどに難しい.

アドラーが後年、教育に強い関心を見出したのも、今の人を変えていく労力を費やすより、これからの人たちに教育していく方がずっと楽なんじゃないか、と思ったのではないかと、私は、本音のところで思っていたりする.

ま、そんなこんなで、ちょっと、私は絶望感を抱きつつあったりする。

[/Thought] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 記事 内田樹の研究室 尖閣インシデント を読んで思うこと
  2. 「あなたに届けるカタチの未来」という記事があった
  3. 以前、テレビで八王子つばめ無料塾の活動を見て関心を持っていた
  4. 自動車は必要か
  5. 京都新聞 ベタ記事だけれど、「ルワンダ虐殺 仏加担 政府委託報告 武器提供」の記事を読む