普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




戦争体験を共有することは

戦争体験を共有すことは出来ないし、共有するために戦争を経験するのはお断りである. ただ、想像は出来る.
記事を読んで思うのは、戦争に行った人たちが、その体験を語ることが少ない、
その大きな理由がこういったことなのかなと思う.
子供の頃、熱心に戦争に行ったことを語る人たちが身近にもいたけれど、考えてみれば、引き上げ時の話ばかりで、戦地での話はほとんどなかった。
開戦に近づく今の日本こそ、戦争の真実を知るべきです 丹羽宇一朗・元中国大使

[/Politics] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 2017.10.22 二つの地図
  2. 2017.10.22 町内会親睦旅行一泊二日
  3. 2017.10.19 期日前投票に行く
  4. 2017.10.15 近所の商業施設 ラクセーヌで買い物をしようと出かける
  5. ノーベル平和賞:通じた被爆者の叫び 「核なき世」追い風
  6. それは幇間というものだと思う
  7. 2017.09.28 希望、抽象的言葉は注意が必要
  8. 2017.09.24 若者をターゲットに貧困を押し付けている
  9. 2017.09.23 小池都知事は好かん
  10. 2017.90.20 メディアリテラシーのこと