普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




2017.09.23 小池都知事は好かん

どうも、小池都知事が信用ならない、と、思っている.
いつから、そう思い始めたかを考えると、都知事選挙からだなと考える.

鳥越俊太郎氏は「病み上がりの人」 小池百合子氏が発言を謝罪【都知事選】 を素材に政治家の嘘を考えてみる 2016.08.01 http://monobe.info/book/index.cgi/shakai/j20160801.html

迷いなく嘘をつくことができるということと、嘘をつくことをためらわない、決定的証拠が出ても、なかなか非を認めない。
多分、この方がうまく世渡りしていくことができるだろうけれど、それに気づき受け入れた人を政治家にしてしまうのは危険だと思った.
だから、いまも小池都知事を信用ならんと考えている.

第4回:言わねばならないことを言わない、という罪「関東大震災時の朝鮮人虐殺」をめぐって…(鈴木耕
http://maga9.jp/kotobano170920/

元々、彼女は憲法を変えることと、いまの安保法制に賛成の立場ととっている.彼女にとって、朝鮮人虐殺は、あったかもしれないけれど、無かったことにしておこうという事案の一つでしかないと思う.

「九月、東京の路上で」加藤直樹著 ころから刊 を買う.
日本人による、朝鮮人虐殺を扱った本だ.
人の中には、「虐殺をする」という因子が宿っていると私は思っている.だから、教育によってそれを発現させないようにしなければならないと思う.だから、政治家がこんな態度では困るわけだ。

[/Politics] permanent link e

最近の同じ項目の記事です

  1. 2017.10.22 二つの地図
  2. 2017.10.22 町内会親睦旅行一泊二日
  3. 2017.10.19 期日前投票に行く
  4. 2017.10.15 近所の商業施設 ラクセーヌで買い物をしようと出かける
  5. ノーベル平和賞:通じた被爆者の叫び 「核なき世」追い風
  6. 戦争体験を共有することは
  7. それは幇間というものだと思う
  8. 2017.09.28 希望、抽象的言葉は注意が必要
  9. 2017.09.24 若者をターゲットに貧困を押し付けている
  10. 2017.90.20 メディアリテラシーのこと