普段着の文章

物部俊之 日誌 「私はこう考えますけど、あなたはどうですか」




「あなたに届けるカタチの未来」という記事があった

今朝の京都新聞 2018.01.01 で、
「あなたに届けるカタチの未来」という記事があった。
限界集落という表現は知っていたが、不感地帯という表現を初めて知った。
携帯電話の繋がらない集落ということである。携帯電話のアンテナを建てても採算がとれなくてアンテナが建たないらしい。
そこに住む80代の女性と、もう一軒 地域外から転居してきた30代女性のインタビューがあった。

80代は健康面などの不安を語り、30代は携帯からの解放感を語る。

間の世代である私は、健康面も気にかかるし、また、電話嫌いでもあるので、こういうのもありだなと単純に思う。
ここで、少しだけ踏み込んで考えてみるなら。
街に居れば期待する医療サービスを受けることが本当にできるのか。
つまりそれだけのコミュニティが街に成り立っているのかという問いかけである、それは見かけのこんな設備があります、盛りだくさんのサービスがありますというのではなく、必要な時にそれらは機能するのかという実質的な問いかけである。
もちろん機能するだろうけれど、それは期待するほどのものであるのかどうかだ。
解放感と安心は、時として、相反する概念ともなる、解放感をとれば安心が減り、解放感を諦めれば、安心が増す。
どの辺りで妥協するか、これが30代と80代の意見の違いの元にある。ただ、重要な要素として、コミュニケーション能力を忘れてはならない。
内田樹がネットか本で、コミュニケーション能力とは、気の合うもの同士がわいわい楽しくやりとりをする能力ではなく、関係が壊れたときにどう修復するか、その修復能力こそがコミュニケーション能力だと書いていた気がする。
この文章を書くために読み返していないけれど、多分そうだったと思う。
それを一つの要素として世代による意見の違いを見るならば、コミュニケーション能力を磨いてきたか、磨かずにいたかの違いが、健康面以上に大きな要因かもしれないと考える。
コミュニケーション能力ほぼ皆無の私としては、それ以前の問題だと笑われるかもしれないけれど、不感地帯で住むのもありだなぁと思ったりする。

[/Thought] permanent link e



ほとり・ポトリ

ほとり・ポトリ
近江舞子にあるカフェにて。

グリーン・ウッドワークというものを初めて見た。
http://waku-waku.org/hotori-potori/

私はまったくもって詳しくないのだけれど、ようは木工である。

でも、私の思うところの木工と違うのは材料が生木であるということだ、木を乾燥させていない。
生木を、削り馬という専用の作業台を使って削っていく。
どこかでこの様子、見たことあるぞと思い出したのが、家庭教師のCMでアニメ アルプスの少女ハイジのおじいさんが、がしごし木をげずっている姿、あれである。

上手い人が作った椅子を見せていただいた。高級家具店に置いてあっても、納得するような風格である。

なんか、とっても楽しそうだ。
来年1月から椅子を作るワークショップを始めるらしい。
習ってみたくはある、ただ、私は不器用なので、まずは、スプーン辺りからやってみたいな。

少し思うところ。
社会という分業システムの中で、私や多くの人たちはその中にて、主に「消費」という役割を担っている。
この消費するという立場は、わりと脆弱な存在であり、システムが滞ってしまうと真っ先に被害を受ける、あたふた戸惑う立場にある。
自立していないという役割を担っているとも言えるのだ。
どうも、この立場はあんまり格好良くない。

いまの話で言うなら、自分で椅子を作ることができたのなら、何処かで椅子を買うという行為をする必要がない、そして、作ることができるということは修理することもできるということだ。
つまりは、こと、椅子においては、単なる消費者、例えば、ニトリの顧客であるという立場から独立できた、システムの中から、いくらか、自立したとも言える。
ええ年こいた大人として、自立できていないというのは、ちと、恥ずかしくも思うので、こういうのもかなりありだと思う。
以前から関心のあった里山資本主義にも直結するものだと思う。

[/diary] permanent link e



以前、テレビで八王子つばめ無料塾の活動を見て関心を持っていた

以前、テレビで八王子つばめ無料塾の活動を見て関心を持っていた。
いわゆる貧困家庭の子供に勉強を無料で教えるというものだ。
先ほど、思い切って、そういう無料塾にメールを送った、何かお手伝いできませんかと。

私自身の考えの一つとして、明治以来の大学を頂点とする公教育に疑問もいくらかあるし、経済学者 宇沢弘文の東大解体の活動にも納得する。それに、昨今の奨学金の返済問題を考える時、このレールに子供を乗せていくのは、本当にありなのかという疑問もある。
こういったものを含みつつも、なんらかの形でお手伝いしていくのも、単に考えたり思ったりするだけでなく、「行動するのだ」という意味でやってみるのもありかなと思っている。
まぁ、どうなるかはわからないけれど。

[/Thought] permanent link e



朝、起きがけに夢を見た

朝、起きがけに夢を見た。中学生、修学旅行でのひとときである。
晩ご飯を食べようと全員がぞろぞろと、ホテルの大宴会場へと入っていく、数百人はいるだろうか。
私もそのうちの一人として入りかけたとき、入り口に数人の女の子達が固まっているのが見えた。
その一人がMさんである。
中学生時代、好きだった女の子である。
うわっ、Mさん、化粧濃いなぁと思ったのだが、あっと気づいた、よく見ると、その人はMさんではなく、クレオパトラだった。クレオパトラの目が妙に横長で、私の歩くのを追うように瞳が左から右へと移動していく。
Mさんも私のこと、好きなのかなと思いながら宴会場へと入った。
‭テーブルにつくと料理が並んでいた。ご飯とお味噌汁、だし巻きとお好み焼き風卵焼きが並んでおり、卵ばっかりだとがっかりする。

目を覚ましてから思う。
Mさんに、ね、何処に座るの、一緒に座ろう、と言えるような性格であれば、人生、随分、今と違ったものになっているだろうな、楽しい人生を送ることができたかもしれない。

なお、Mさんとは、数年前に再会した。
ものちゃんやん、久しぶりと声をかけられる。
あぁ、中学生の時、そんなあだ名だったと思い出した。

[/diary] permanent link e



自動車は必要か

自動車整備業者としてはあるまじき発想だけれど、こんなに車って必要なのかなぁと思っている。
随分前、「クルマを捨てて歩く! 」(講談社プラスアルファ新書) 杉田聡著と 「自動車の社会的費用」 宇沢弘文著を読んだからなのだけれど、宇沢弘文の自伝があったので読んでみる。
「経済と人間の旅」宇沢弘文著 日経ビジネス人文庫

彼の経済学の難しい本は、私には無理だけれど、宇沢弘文の一般向けに書いた本は何冊か読んでいる。
その彼がどんな人生を送ったのか、読んでいて、これは愉快だと思った。濃い人生を送った人なのだなぁと思った。
フリードマン、破門の話や下村治のことなど、なかなか、楽しい。

[/Thought] permanent link e



ギブアンドギブ

ユニセフが重大懸念 日本の子供貧困は安倍政権で加速する
https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_432106/

抜粋開始
「子供の貧困対策」は安倍政権の“看板政策”だったはずだ。安倍首相も国会で〈子供の貧困対策は未来への投資であり、国を挙げて推進していきます。
抜粋終了

投資という認識ではいけない。そこには投資した分のリターンを期待する意志が隠れている。投資ではない、ギブアンドギブでなければならないと考える。
ついでに書くと、投資と考える彼は海外の方が優良な投資先と考えてでもいるのだろう、そうならば、彼にとってはリターンのある投資先を優先するということだから、経済人として当然なのだろう。、いや、彼は政治家だったか。
ここ、数年、政治家は金の話ばかりして理想を語らない。

 

 

[/Politics] permanent link e



悩み・不安・怒りを小さくするレッスン 「認知行動療法」入門 中島美鈴著 光文社新書

悩み・不安・怒りを小さくするレッスン 「認知行動療法」入門 中島美鈴著 光文社新書を読んでいる。

ようは、物事、他人の言動を私を非難し貶めようとしているのだと認識し、悩んだり、不安に思ってしまう、というのをやめる方法である。私は賢い人間ではないので、そんなふうに考えてしまうこともある。
アドラー心理学に興味を抱く根本にそれも大きくある。
メールを送って返事がないのは、あぁ嫌われていたのかなぁと思ったりしたこもあった。アドラー心理学を読むことでそういった考え方は無くなったと思う。この認知行動療法も同じである、これは良い本だ。

自分が思っているほど、他人は「自分」であるところの私のことを思ってはいない、この言葉に救われたなぁと思う。

[/book/hon] permanent link e